仕様から読み解く、iPhone SEの長所と短所

2016.03.23 雑記 ライター:__agar

22日に発表されたiPhone SEについて、現時点で「公式サイトから分かる範囲」の確実な情報から読み取れる長所と短所を個人的に考察したいと思います。
「RAMが1GBか2GBか?」など明確でない点については意図的に触れませんのでご了承ください。


スクリーンショット 2016-03-23 6.41.29
公式サイト内では一番詳細が見やすいページだったので、以下の情報は基本的iPhone – モデルを比較する | Appleに記載されているものをソースとしています。

長所

iPhone 5sのバランスを崩さないサイズ感

これこそがiPhone SEの存在意義ですよね。4インチという画面サイズももちろんですが、本体サイズや重量で見てもほぼ同じです。

5s: 123.8×58.6×7.6mm
SE: 123.8×58.6×7.6mm

寸法はまったく変わらずですね。細部の形状がまったく同じとは限らないのでは?と思いますが、アクセサリーが流用できる可能性も高いのではないでしょうか。

5s:112g
SE:113g

重さはたった1g差です。6と6sのような大きな違いではないので、おそらく手に取ってもなかなか分からないのでは。

このようにサイズ感に関しては文句無し。5s以前のコンパクトなiPhoneを根強く求めてきた人々にとってはまさに朗報でしょう。


iPhone 6sと同等の処理能力(推定)
スクリーンショット 2016-03-23 6.53.14
iPhone SEは、6s/6s Plusと同じA9チップを搭載しています。見た目は5sでも中身は最新iPhoneというわけですね。

あえて「推定」と書かせていただいたのはなぜかと言いますと、過去に同じチップを搭載する機種でも性能を抑えてきたケースがあるためです。

例としては、iPod touch(第6世代)はiPhone 6と同じA8チップながら、1.4GHzから1.1GHzにクロックを下げた物を搭載していました。

現時点ではまだなんとも言えませんが、小型でバッテリー容量の懸念が出かねないという点で状況は似ているので、A9チップ搭載という点だけを見て「SEは6sと同じ性能!」と言い切るのは早計かもしれませんね。


ローズゴールドを含む4色展開
スクリーンショット 2016-03-22 2.36.19(2)
従来のデザインを維持しつつ、昨年からiPhoneのカラーバリエーションに加わったローズゴールドをこのSEにも用意してきました。この組み合わせは新鮮でいいですね。

ただ、逆に他の3色では5sとのデザイン上の差異がロゴしか無いのですが…ポジティブに見れば、4インチiPhoneの復活を期待していたファンからすれば下手にデザインを変えられるより良いかも?


VoLTE対応
iPhone全体として見れば新しい要素ではないので見落としがちですが、コンパクトサイズの本体と高品質なVoLTE通話の組み合わせはシリーズ初。
通話を重視するユーザーには嬉しい1台になるかと思います。


3D Touch非対応
これを長所として挙げるのは少し悩んだのですが、あえて。

6s/6s Plusではこの機能のためのハードウェアのおかげで旧モデルと比べてかなりの重量増となってしまっています。
もしこれを「5sと同じサイズ感」が最大の武器であるSEでやってしまっては台無しになることが確実です。

現時点でまだ活かし切れているとは言えないこの機能を無理に持ち込まず、コンセプトを守り抜いたことを評価したいです。


お手頃価格
スクリーンショット 2016-03-23 7.08.14
上の画像はSIMフリー版の価格ですが、内容の割に価格を抑えてきたなと感じます。

量り売りではあるまいし、小さくて軽いからと安く上がるわけではありません。古いパーツになってしまっている部分もありますが、全体的に見ればもっと6sに近い価格になっても違和感はなく、バリュープライスではないでしょうか。

まだ発表されていませんが、各キャリアの価格設定にも注目ですね。

短所

旧式の指紋センサー
仕様を見ると、Touch IDが6s以降の第2世代のものではありません。

iPhoneの指紋認証は5s/6の物と比べると現行機種の物が格段に速くなっているので、一度6や6sに移っていてSEでまた小さいiPhoneに戻ろう、という方は不満を感じそうな点です。

通信面が弱い
まずモバイルネットワークについては、「CA(キャリアアグリゲーション)」に対応していないためLTE通信の速度が6s/6s Plusと比べると劣ります。

特にキャリアから発売されている機種に関して言えばAndroidスマートフォンもCA対応の機種が増えていて見劣りするところ。

また、Wi-Fiでは「MIMO」というこちらも高速化のための技術に対応していないため、もしご自宅のルーターが高性能なものであれば6s/6s Plusと比べ遅くなるケースがあるでしょう。

1.2MPのインカメラ
アウトカメラは6s同等の12MPですが、インカメラは6までの1.2MP。
そこはインカメラも6sと同じ5MPにして欲しかったところです。

まとめ

スクリーンショット 2016-03-22 2.33.13(2)
おおむね期待通りの物なのではないでしょうか。
仕様から明らかに分かる短所は少ないですが、Touch IDや通信関連が最新の仕様になっていないのは大きいデメリットだと感じます。

個人的には6sのカメラより以前の物のほうが写りが好きだったので、「6のインカメラと6sのアウトカメラ」という組み合わせにちょっともどかしさを感じたのですが…まあそこは好みでしょう。

良くも悪くも大きな意外性はない新作なので、「こういうものを待っていた!」という方は買って大失敗ということはまずなさそうです。