Amazonの新サービス「プライムラジオ」を試す

2016.04.23 雑記 ライター:__agar

先日Amazonがプライム会員向けに開始したサービス、プライムラジオを早速使ってみました。

プライムラジオとは

音楽の聴き放題サービスとしては昨年開始された「プライムミュージック」が既にあります。

Amazonプライム会員であればどちらのサービスも自由に使うことができ、曲のラインナップは同じです。

では何のための新サービスなのか?ということですが、利用方法が異なっているので用途に合わせて選べば良いでしょう。

プライムミュージック=自分で曲を選んで聴く

プライムラジオ=ジャンルを決めれば自動選曲

手が離せない時や、選曲に思考をとらわれず集中したい時にはプライムラジオが便利かと思います。

プライムミュージックのプレイリストとは違うの?

ここまで読んで「プライムミュージックでも前からできるじゃない?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、プライムミュージックには既に似た機能があります。

スクリーンショット 2016-04-23 10.29.35
そう、プライムミュージックには公開プレイリストがあるんです。
確かにジャンルや季節、シーンなどに応じて選べば連続して曲を流してくれる点では似ていますね。

それなら収録曲も変わらないしプライムラジオはいらないか、と決めるにはまだ早い!プライムミュージックのプレイリストとの大きな違いを2つ紹介します。

・学習機能で自分に合ったものになる
スクリーンショット 2016-04-23 10.38.00
プライムラジオはただのプレイリストではありません。

再生された曲にサムズアップ👍かサムズダウン👎の2択で評価を付けることができるようになっているのですが、この結果に応じて選曲が変わっていくようになっているのです。
気に入った曲に似た曲を入れてくれたり、気に入らなかった曲はそのチャンネルではもう出なくなります。

単純な操作で選ぶことができなかなか良く出来ていると思いました。使い込むほど好みのリストに近付いていきそうですね。

使って行くうちに学習が進めば「この曲はいいや」と一々飛ばす頻度も減るので捗ることでしょう。最初はしばらく自分だけのチャンネルを育てるつもりで積極的に評価を付けるのが良さそうです。

・時間を気にせず使える
これまでの評価に応じて生成されていくものなのであらかじめ組まれているプレイリストとは違い、再生が終わったり一周回ってまた初めからになったりすることはありません。

もちろん収録曲数には限りがありますが、再生時間を気にせず使えるのは作業用BGMとしては嬉しいポイントですよね。

スマートフォンではAmazon Musicアプリから

PCの場合はブラウザ上でAmazonのサイトからアクセスするようになっていますが、もちろんスマートフォンで使うことも可能です。

「プライムラジオ」専用のアプリがあるわけではないので若干分かりにくいように思いますが、Amazon Music(Prime Music)のアプリで利用できます。

Amazon Music with Prime Music | Google Play

Screenshot_2016-04-23-07-03-58
アプリを起動した最初の画面から、上部のタブから「ラジオ」を選ぶとジャンルを選択できます(画像はAndroid版)。

Screenshot_2016-04-23-07-06-09
評価ももちろんブラウザ版と同様にできます。同じAmazonアカウントであれば同期されていてどの端末で聴いても反映されるので安心。

まとめ

試みとしてはなかなか面白いですし、1からプレイリストを作るよりははるかに楽に自分好みのチャンネルを作り上げることができるのではないでしょうか。

システムは良いので後はプライムミュージック/プライムラジオの収録曲が充実してくると良いですね。