bluetoothイヤホン「SoundPEATS Q9A」レビュー

2016.04.17 アクセサリーレビュー ライター:__agar

SoundPEATSから発売されているbluetoothイヤホン、Q9Aをレビューしたいと思います。


DSC_0426
このQ9Aという製品には2つのバージョンがあって併売されているのですが、今回ご紹介するのは改良版というほうです。
商品ページにどこが改良されているのかあまりはっきりと書かれていないので、出来ればもっとアピールしたほうが良いのではという気がしますね…値段も違いますし。

さて、開封してみると中身はこんな感じ。
DSC_0427
キャリングケースと充電用のmicro USBケース、説明書が入っています。

DSC_0428
ケースを開けてみると本体とサイズ違いのイヤーピース。ここまでは見慣れたものですが、他にも付属品がいくつかありますね。

DSC_0430
ひとつは一つはクリップ。コードを引っかけられるようになっていて服に挟んでおけます。
一時的に耳から外したい時などこれがあると便利そうですね。

DSC_0431
もうひとつの小さい部品はS字に溝が掘られていてコードをはめ込めるようになっています。これを使うと簡単にコードを縮めてサイズ調整できるわけですね。
平型のコードなのでずれにくいですし、コンパクトで良いと思います。

本体を見てみましょう。
DSC_0436
操作ボタンは右耳部分に集中しています。
左右で大きく重さが違う感じはしなかったので、おそらく左耳にバッテリー、右耳にメイン基板というように配分されているのではないでしょうか。重量は十分に軽いです。

DSC_0435
サイズは少々大きめ。
装着部分にすべての部品を収めているこの手のBluetoothイヤホンでは構造上仕方ないことではあるのですが、他社商品を見る限りもう少し形状の工夫をしようがあると感じます。

シンプルな箱型でイヤーパッド部分との位置関係もあまり練られていないので、装着時に違和感アリ。
本体から飛び出たイヤーフック部分もあまり弾力のある素材ではなく固定された形状なので耳の形の差に対応することができず効果が薄いです。

コード部分が5色から選べるカラーバリエーションの豊富さは良いのですが、肝心のハウジング部分が成型色そのままの黒一色で全体的にはあまりスタイリッシュに見えないのでもったいなく感じました。

まとめ

総評としては「改善の余地が多い」製品という印象です。

この値段でBluetoothイヤホンをということであれば、リスニングに集中するよりは「ながら」使用でラフに使い倒すようなケースがメインになるんじゃないかと思います。なので音質は「それなり」でいいんじゃないかと思いますし、その点は及第点かと。

ただ本体の設計が荒削りで装着感に難があるのが問題。
スポーツ用をうたうBluetoothイヤホンとしては非常に重要だと感じますし、低価格の製品で差を付けられる貴重なポイントでもあると思うのでぜひここを克服して「改良版」を出していただきたいなというのが率直な感想です。

あとは、しつこいようですが「何が改良版なのか」が分かりやすくなるとより良いと思います。