SoftBank、2016年夏モデル3機種を発表。Xperia新モデルほか

2016.05.11 ニュース ライター:__agar

11日、SoftBankは2016年夏に発売する新機種、「Xperia X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」の3機種を発表しました。

Xperia X Performance

gallery_img_01
Xperiaシリーズの最新モデル。docomoとauからも発表されており、3キャリアで出揃いました。

Snapdragon 820にRAM 3GB,ROM 32GBを搭載し、ディスプレイは1920×1080の液晶です。
バッテリー容量が2570mAhと、先に発表されている海外版(2700mAh)より少なくなっている点は国内3キャリア共通のようです。

従来のZシリーズとは若干異なる丸みを帯びたデザインになっており、ホワイトとグラファイトブラックの2色では背面にヘアライン加工が施されています。

ホワイト/グラファイトブラック/ライムゴールド/ローズゴールドの4色で、6月中旬以降に発売予定です。

AQUOS Xx3

03_pic_02
AQUOS Xx2の後継にあたるSHARP製のハイエンドスマートフォン。docomo向けの「AQUOS ZETA SH-04H」とデザイン/性能ともにほぼ共通しています。

Snapdragon 820を搭載し、RAM 3GB,ROM 32GB,1920×1080の液晶を搭載し、バッテリーは3000mAhです。

動きのなめらかな表示を可能とする120Hz駆動の「ハイスピードIGZO」や、「GR Certified」を取得したカメラ性能など前モデルの特徴を踏襲していますが、デザイン面では3辺狭額縁の「EDGEST」ではない丸みを帯びた新デザインになっています。

ホワイト/アクアブルー/アンバーブラックの3色で、6月上旬以降に発売予定です。

DIGNO F

0501_figa01
京セラ製のミドルレンジクラスのスマートフォンです。スペックやサイズからするとDIGNO C(404KC)あたりの後継機種でしょうか。

Snapdragon 410(MSM8916),RAM 2GB,ROM 8GBといったスペックで、5インチ1280×720のディスプレイを搭載。
価格はまだ発表されていませんが、おそらく比較的安価な機種として登場するものと見られます。

防水防塵に耐衝撃性能も備えており、ソフトウェアの面ではホームアプリや文字入力などにスマートフォン初心者も扱いやすい工夫がされています。

ホワイト/ブラック/レッドの3色で、6月下旬以降に発売予定です。

まとめ

ハイエンドが2機種とミドルレンジが1機種。各種認証情報で確認されている未発表機種もルーターなどを除けば無いことから、おそらくスマートフォンラインナップとしてはこれがソフトバンクの夏モデルすべてではないでしょうか。

最小限の種類でニーズを満たすのが最近のソフトバンクのラインナップの傾向なようで、今回も非常に少ない数ですがなかなかよく出来ていると感じます。

ハイエンドの2種類は歴史的にソフトバンクユーザーには馴染みの深いSHARPと、他キャリアユーザーやグローバルモデルを求めるユーザーに馴染みやすいSONYの2メーカーを用意した上で、安く抑えたいユーザーに向けては安価ながら国産で信頼の得やすい京セラのミドルレンジ機種。

たった3機種であらゆる方向のニーズを押さえているのは実に見事だと感じました。