「Xperia XA Ultra」発表、インカメラにもこだわった6インチファブレット

2016.05.17 ニュース ライター:__agar

Sony Mobileは、6インチディスプレイを搭載する新機種「Xperia XA Ultra」を発表しました。現時点で日本への投入は予定されていません。

xperia-xa-ultra-slideshow-01-desktop-3a5b15c379af4970b1a637ebce1181d5
2月にMWC 2016で発表された「Xperia X Performance」「Xperia X」「Xperia XA」の3機種と同じXシリーズに属する機種で、同じ系統のデザインとなっています。

特徴としてはやはり、6インチフルHDのディスプレイを搭載するいわゆる「ファブレット」クラスの機種であること。
狭額縁の設計で大画面ながら本体の幅を抑えており、持ちやすさと両立できていそうです。

スクリーンショット 2016-05-17 16.40.51
大きなインカメラが目を引きますが、こちらは1600万画素のExmor R for mobileイメージセンサーを使用しており、 OIS(光学式手ぶれ補正)付きのもの。

本機種のスペックは、オクタコアCPUを搭載するMediaTek製のSoC「Helio P10(MT6755)」を採用し、RAM 3GB/ROM 16GBという構成。バッテリー容量は2700mAhです。


“Ultra”という名からZ Ultraの後継を期待した方もいらっしゃるかもしれませんが、スペック的にはミドルレンジ相当の機種。

Xperia ZシリーズだけでなくCシリーズやMシリーズも新しい「X」に統合されることが明らかにされていますし、搭載するSoCやインカメラを強化している点から考えてC5 Ultraの実質的な後継機種と言えるでしょう。