SIMフリー端末「AQUOS mini SH-M03」発表。Snapdragon 808搭載のハイスペックモデル

2016.06.28 ニュース ライター:__agar

28日、SHARPはSIMフリースマートフォンの新機種「AQUOS mini SH-M03」を発表しました。


160628-a
SH-M03は、4.7インチのディスプレイをSHARP独自の狭額縁デザイン「EDGEST」で幅66mmのコンパクトなボディに詰め込んだスマートフォン。
SoCはSnapdragon 808、RAMは3GBと十分なスペックを持っています。

昨年、各キャリアから発売されたSH-02H/SHV33/503SHと同等の機種で、SIMフリー版の登場は嬉しい方も多いのではないでしょうか。

キャリア版はdocomoのみAndroid 6.0アップデート、au/SoftBank版はAndroid 5.1のままとなっていますが、SH-M03はAndroid 6.0での発売となっています。

対応バンド等は現時点で公開されている情報に含まれておらず不明ですが、下り最大150Mbpsとの表記があることから、SH-02H同様にCAには対応しないものと考えられます。

スペック|AQUOS mini SH-M03

楽天モバイル版の価格は49,800円と発表されており、他の販路での価格も近い物となるのではないでしょうか。
国内メーカーのS808搭載スマートフォンとしてはなかなか悪くない値段だと思います。


前作「SH-M02」では内容的に富士通の「arrows M02」と真っ向からぶつかっており、価格設定でかなり不利だったことから売り上げは苦戦していましたが、今回はライバルの少ない「国内メーカー製のハイスペックなSIMフリー機」というポジションに。

どれほどの需要があるかは未知数ですが、今後の動向に注目です。

ハイスペックコンパクト「AQUOS Compact SH-02H」購入レビュー


▲兄弟機「AQUOS Compact SH-02H」のレビューはこちら!