NillkinのMi5用ケースを2種類試す

2016.07.10 その他レビュー ライター:__agar

Mi5を衝動買いしたのですが、ラウンドガラスで出来た背面は割ってしまう予感がぷんぷんしたのでケースを調達しました。


すぐに届く物が良かったので、Amazon.co.jp(のマーケットプレイス)で入手できる物からチョイス。
IMAG0044
以前他の海外端末で使ったことがあり、安価な割に好印象だった「Nillkin」というメーカーのケースで気に入った物があったので2種類購入しました。
と言っても、商品名は出品業者が付けた物になっていて、画像からしかNillkin製品であることは分からなかったのですけれどね…(苦笑)

Xiaomi Mi5(高配版) 開封レビュー


↑本体のレビューはこちらからご覧いただけます。

Nature TPU case

IMAG0046
1つ目はシンプルなTPUケースです。

IMAG0048
画面側への張り出しが非常に小さく、Mi5の高い操作性を損なわないのは評価できます。

一方で、柔らかいTPUケースでここまでマージンの少ない設計だと仕方がないのですが、辺の部分はかなり浮きやすいです。
本体のフレーム形状のせいか四隅はしっかりハマるので不本意に外れてしまうことはないものの、ホコリやゴミの混入を考えると少し気になるかも。

IMAG0049
元々のフォルムを損ねることがなく、本体のデザインを活かしたい場合には良いでしょう。

IMAG0050
カメラ部分の開口は大きめ。ボタンは完全に覆われていますが押しやすさも問題ありません。

IMAG0051
端子部にはカバー付き。

どこにでもありそうなTPUケースですが、主張しすぎないバランス感覚は素晴らしいです。

影のこだわりが見えるポイントは多いだけに、カメラ部などの開口ももう少し攻めてくれたら…というのが惜しく感じました。

縁のズレやすさに関してはこのケース特有の問題というよりは、Mi5の形状と柔軟な素材のケースの組み合わせ自体が難しいので仕方のないところでしょう。

少々浮きやすいことを除けばおすすめできるケースです。

Frosted Shield case

IMAG0054
もう1つは硬質素材のケースです。

IMAG0059
1つ目のケースと比べると画面側の張り出しが高めなので、画面を下にして落ちた際の保護能力は多少高いのではないかと思います。

Mi5はオモテ面の縁が鋭角になっているので、硬い素材のケースとの相性は抜群。上下が大きく開けられているにも関わらず、ちょっと外しにくいぐらいしっかり付いてくれます。

IMAG0062
背面には凹凸のある表面加工がされています。
かなり細かいパターンで、サラサラした手触りとも合わせて滑りやすいのが難点。

IMAG0060
カメラ部分の開口はTPUケースと同様。こちらも同様に、いや、カッチリとしたケースなのでよりしっかりした切り抜きにして欲しかったなあと思うところです。

こちらはボタン部分はカバーされていないので、余裕を持って開けられています。
ケースの厚さよりボタンのほうが低くなるので誤爆などの問題は少なく良いのですが、フレームだけでなく背面のガラスパネルがチラ見えするぐらい大きく開けられているので見栄え的にもう少し狭いと嬉しいですね。

IMAG0063
上下は完全にオープンなので、ケーブルの着脱などは快適でした。

IMAG0065
保護フィルムが付属していました。指滑りなどはあまりよくない最低限のものですが、繋ぎには嬉しいかもしれませんね。