楽天オークション、10月末でサービス終了へ。10年超の歴史に幕

2016.08.04 ニュース ライター:__agar

オークションサイト「楽天オークション」が、2016年10月末でサービス終了となることが明らかになりました。


スクリーンショット 2016-08-04 22.25.30
楽天オークションという今の形になったのは2005年ですが、前身の楽天フリマから数えると約17年の歴史を持つこのサービス。
終了と聞いて衝撃を受けた方も少なくないのではないでしょうか。

規模や売り上げでは国内最大手のヤフオク!(旧:Yahoo!オークション)の後塵を拝してはいましたが、より安全性の高い取引システムなどは優れていたように思います。匿名配送の導入などでも先を行っていました。

今後のスケジュール

スクリーンショット 2016-08-04 22.41.37
発表日の時点で、既に新規の出品者登録は出来ないようになっています。
出品の停止、入札の停止などを段階的に進め、10月末には一応のサービス終了を迎えるようです。
かなり急ピッチでの幕引きではないでしょうか。

代替サービス

スクリーンショット 2016-08-04 22.44.31
終了後の代替サービスとして、楽天ではフリマアプリの「ラクマ」を案内しています。楽天オークションからの移行ユーザーにはポイントの進呈があるようですね。

まとめ

常に2番手だったとは言え、これだけの有名サービスの終了には一つの時代の区切りを感じます。

代替案として「ラクマ」を提案されるのはかなり毛色が違うように思うのですが、そういう時代なのでしょうね…。
楽天オークションをステージ100になるまで使い込んできた1ユーザーとしては、モバイルファーストな作りやフリマアプリ特有の文化(値切りや専用出品など)に抵抗があるので、「ラクマに行くぐらいならヤフオクに鞍替えするわ」と今のところ思ってしまうのが正直なところです。

最近オークションは見ていないなという方も、この機会の最後の掘り出し物を探してみてはいかがでしょうか。

Source:楽天オークション