1万円台前半の実力派「Vernee Thor」レビュー

2016.08.22 ガジェットレビュー ライター:__agar

海外通販サイトのGearBest様より、「Vernee Thor」というスマートフォンをご提供いただきましたのでレビューします。

2016年創業の新興メーカー

スクリーンショット 2016-08-20 21.26.59
Verneeは中国のスマートフォンメーカーで、2016年に出来たばかりのかなり新しいメーカーです。
非常に少数のメンバーで構成されており、当面はOEMやODMでの発売をしていくことを公式サイトで明記されています。

そういった意味では新興メーカーだからという不安要素は少ないかと思います、どちらかと言えば現状は販売元に近いですね。

今回ご紹介する「Thor」はVerneeの製品第一弾として登場した機種。
2016年8月現在、「Apollo」「Apollo lite」の2機種を加えた3機種がラインナップされています。

Vernee Thorのスペック

thor
SoC:Media Tek MT6753(1.3GHz オクタコア)
RAM:3GB
ROM:16GB
ディスプレイ:5.0インチHD(1280×720) IPS液晶
バッテリー:2800mAh

SoCは、日本で発売されている機種で言えば「SAMURAI REI」や「Blade V580」と同等。
1万円台前半の機種としてスペックを見ると、ワンクラス上のSoCを採用していることやRAM 3GBと余裕があることは評価できそうです。

開封

IMG_20160822_162518
細かい模様の入った黒い箱は、安価な端末の物としてはなかなかです。

IMG_20160822_162529
蓋を開けるとまずは本体が出てくる、定番のスタイル。

IMG_20160822_162639
付属品はmicro USBケーブルとACアダプタ。説明書とUberの割引券も入っています。

IMG_20160822_162736
本体には、液晶保護フィルムがあらかじめ貼られています。
2.5Dガラスなので、フィルムは端が大きく空いているタイプ。

個人的には、ラウンドガラスの機種には何も貼りたくないので(操作性・見た目ともに損なってしまうのが嫌なので…)すぐ剥がしてしまいましたが、箱から出してすぐ使えるサービスはありがたいのではないでしょうか。

外観

IMG_20160822_162947
タッチ式のキーを採用しており、前面は2.5ガラスで覆われています。

IMG_20160822_162843
側面から背面にかけては滑らかな丸みを帯びた形状になっています。サラサラした仕上げも合わさって、なかなか心地良い握り心地でした。

IMG_20160822_162905
背面には指紋センサーを搭載。ボタンにはなっていないのですが、指を置くだけでロック解除できる仕様です。

欲を言えばもう少し精度が良いとありがたいですが、認証できた時の速度は申し分無いですね。
一昔前の機種でしばしば役立った、同じ指を複数登録しておくテクニックで成功率を上げるのが有効そうです。

IMG_20160822_163039
裏蓋は取り外し可能。中にmicro SIM×2とmicro SDのスロットがあります。バッテリーは取り外し不可です。

裏蓋の取り付けは若干渋い印象で、特にmicro SDカードを入れている時などは浮きが出ないようにするには慎重に閉める必要がありました。

ソフトウェア

IMG_20160822_163254
中身はほぼ素のAndroidです。
MediaTekのSoCを採用している端末ですし、同社から提供されているソフトウェアをほぼそのまま使用している形でしょう。

Screenshot_20160822-163811
OSはAndroid 6.0。日本語ロケールも入っていました。

Screenshot_20160822-163833
プリインストールアプリの一覧。
余計な物がほぼ入っていない仕様は嬉しい方も多いのではないでしょうか。

Screenshot_20160822-163849
独自機能はほぼありませんが、電源のスケジュール機能やMiraVisionなど、MediaTek端末共通の追加機能は入っています。

Screenshot_20160822-181645
MediaTekのSoCを搭載する端末ではおなじみの、EngineerModeを呼び出してのバンド固定・バンド確認も例に漏れず可能でした。

動作など

Screenshot_20160822-163756
このクラスとしては多めの3GB RAM、高すぎず処理速度の面では有利なHD解像度など良い条件が揃ってはいるのですが、SoC(MT6753)が足を引っ張っている印象。

レスポンスも速くはないですし、スクロール操作などに不自然さが残ります。とはいえ、3D処理などは弱いものの用途によっては使える範疇でしょう。

負荷をかければ発熱はそれなりにします。背面のちょうど指紋センサーのあるあたりがピンポイントで熱くなるので若干気になりますね。

画面の輝度は他機種と比べて明るめに感じます。屋外で使う時には便利そうです。

まとめ

デザイン・性能ともに、値段から想像するより良い内容になっているのは好印象。特にスマートフォンで遊ばない方であればコストパフォーマンスの良い道具になり得るのではないでしょうか。

今回ご紹介した機種は、GearBestにて$119.99から発売中です。

Vernee Thor 4G Smartphone – BLACK | GearBest

Vernee Thor 4G Smartphone – GRAY | GearBest