Spigen 「スタイル・アーマー」(LG G5用)レビュー

2016.09.14 アクセサリーレビュー ライター:__agar

LG G5用のケースとしてSpigenのスタイル・アーマーを購入してみたのでレビューします。


img_20160911_224629
Spigen製品ではおなじみ、黒とオレンジのパッケージ。

ちなみに、LG G5は日本では発売されていない機種ですが、なぜかSpigenさんは日本でも正規にケースを販売してくれています。
他の機種でも同様のパターンが何機種かありますが、売れているのでしょうかね?海外端末のケースが手軽に入手できてありがたいです。

img_20160911_224805
スタイル・アーマーは上下2ピースに分割されているのが特徴的なハードケース。
上下からスライドさせて取り付けることで、通常のハードケースでは着脱を考えると不可能な細かい部分まで覆うことができる設計です。

LG G5には端末下部を取り外してバッテリーの着脱や各種モジュールの装着ができるギミックがあるのですが、スタイル・アーマーの2分割構造はこの点でとても役立ちます。

img_20160911_224816
G5のためにこういった作りになったわけではなく「スタイル・アーマー」シリーズは元々こういう形なのですが、もちろんこのことは織り込み済みなようで、ケースの分割位置をG5本体の分離する位置と合わせてあります。

これならバッテリー交換やオーディオモジュールの装着もケースを外さずにできますね!

実際に装着してみました。
img_20160914_002913
img_20160914_002949
カメラや端子などの開口部は無駄がなく、十分な保護性能を発揮してくれそうです。


残念ながら惜しい点もいくつかありました。
img_20160911_224930
ハードケース、かつスライドして装着する構造ということで本体に傷がつかないよう内側にはファー素材が張られているのですが、背面のみで側面はノーガードです。

ケース自体がきつめなこと、G5はメタルボディですがプラスチックコーティングされており傷が入りやすいこと、を考えると着脱には少々不安が残りました。

もう1つの不満点はケース自体の質感。
img_20160911_224836
飾り気のない、あまりにもプラスチッキーな仕上げにはがっかりでした。

見た目の格好悪さもそうですが、丸みを帯びた形状にこの表面仕上げは滑りやすく持ちにくいように思います。
3000円のケースとしてはナシですね。

まとめ

G5のギミックとの相性は抜群で、この点に関しては対抗できる商品が見当たりません。大きなメリットでしょう。
一方、ケース自体の質としてはあまり価格に見合っていないと感じました。

どうしてもケースは着けたいけれどケースに邪魔されずにG5の機能を楽しみたい、という方には向いているのではないでしょうか。