ELECOM EX-G トラックボール(M-XT2DR)の球をM570用に交換してみた

2016.10.15 ガジェットレビュー ライター:__agar

先日ELECOM EX-Gシリーズのトラックボール「M-XT2DR」を購入したのですが、他のユーザーの方の記事などを拝見しているとあるカスタマイズが好評なようだったので試してみました。


トラックボールEX-GをM570tのボールに交換した結果 | WebでストレスフリーLifeを目指すリゲルのブログ

ELECOM EX-G Trackball M-XT1URBK 青球入れました! | Full Moon

M-XT2DRに限らず、有線モデルや前機種などでも同様のことができるようです。

何かというと、ボール部分をLogicoolのM570用の物に変えるという改造です。
メンテナンスのために本体の裏側から押し出せば簡単にボールを取り外せる作りになっていますから、かなりお手軽。しかし、結論から言うとかなり効果の見られるものでした。


20161014_225459
部品取りのM570が転がっているヘビーユーザーというわけではないので、Logicoolの直販サイトで購入してみました。2つ買う必要はなかったのですが送料がもったいなかったので…そのうち使うでしょう。

20161014_225620
EX-Gの玉は黒、M570の玉は青なので見間違うことはないでしょう。
サイズはほぼ同じなので問題なく入れられます。

20161014_230643
ただ色が変わってかっこいいという話ではもちろんありません。

相互に入れ替えられるほど見た目はそっくりであるものの、おそらく若干サイズが異なるか表面加工の違いなどによるものなのでしょう。明らかにM570の玉を使った際のほうがスムーズに動きます。
純正球で起きていたポインタ飛びやボールの跳ねが減りかなりコントロールしやすい印象です。

トラックボールとしての使い勝手の根幹に関わる部分なので純正ボールの問題を放置しているのには疑問が残りますが、手元にM570の部品があればマストでやっておくべきでしょう。

ボタンやチルトホイールなどトラックボール以外の部分に関してはM570より素性の良い機種なので、この加工でトラックボールの操作感が改善されてからはかなり満足度が上がりました。


ELECOM「EX-G トラックボール(M-XT2DR)」レビュー


↑「M-XT2DR」のレビュー記事はこちらから!