Helio P10・USB Type-C搭載「UMi Super」レビュー

2016.10.24 ガジェットレビュー ライター:__agar

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-45-30

海外通販サイトのBanggood様より、レビュー用に「UMi Super」をご提供いただきましたのでご紹介いたします。

UMi Superとは?

so_back
中国のスマホメーカー、UMiが2016年春に発売したスマートフォンです。
まだまだ新しいメーカーのようですが、なかなか意欲的な作りの1台。

スペックとしては、オクタコアのMediaTek Helio P10にRAM 4GB、ROM 32GB、5.5インチフルHDの液晶に4000mAhのバッテリーを搭載しています。同価格帯の機種と比べると一回り上の性能と言えるでしょう。

overview_02
ただ単にカタログスペックを高く、価格を安く収めるのではなく、SHARP製の液晶パネルやPanasonicのカメラユニット、ガラスはゴリラガラス3を採用するなど構成する部品にもこだわりを見せています。

この内容で外装はアルミ製のユニボディに2.5Dガラス、実売価格は2万円程度とはなかなかの安さではないでしょうか?

開封・外観

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-07-07
パッケージは紙箱ではなく缶になっていました。珍しいですよね。
どこかで見たような「S」のロゴはご愛嬌でしょうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-10-02
ACアダプタやケーブルが同梱されています。

ちなみに、近年の中華端末によくある、保護フィルムが初めから貼ってあるサービスはありませんでした。
もっとも2.5Dガラスで端まで覆えないので不格好になってしまいますし、ゴリラガラス3を採用しているので強度にも自信があるのでしょう。このまま使うのが良さそうです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-16-38
前面は、上部に受話口やインカメラなど、下部に通知用のLEDがある程度でシンプルなデザイン。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-19-15
背面にはカメラや指紋センサーなどが配置されています。
アルミ製のユニボディ構造で、背面上下の一部だけアンテナの兼ね合いと思われますが樹脂製のパネルがはめ込まれています。

今回いただいたカラーはiPhoneのスペースグレイのような落ち着いた色合い。
本体の外周に2ヶ所と、カメラ・指紋センサーの周りはキラキラしたカット加工がされています。
よくあるデザインと言ってしまえばそれまでですが、なかなか綺麗な仕上がりでした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-17-48
大きさは5.5インチディスプレイのスマートフォンとしては標準的だと思います(左:UMi Super、右:Moto 4G Plus)。
重量は実測で200gちょうど、片手持ちで使うとかなり重さを感じました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-18-27
底面中央にUSB Type-C端子が備えられています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-19-50
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-20-11
左側面にはSIMスロットとショートカットボタン。右側面には音量ボタンと電源ボタンが並んでいます。

SIMカードはmicro SIMが2枚入り、1枚はmicro SDと排他仕様になっています。
ショートカットボタンは指定したアプリをいつでも起動できるもの。アプリの起動だけではなく設定の変更などに使えると使い勝手が広がるかなと感じました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-23-20-50
画面下にはリング上のLEDが付いており、通知や充電などの状況に応じて光ります。

UMi Superはデフォルトではオンスクリーンキーですが画面下部のスペースに用意されたセンサーキーを使うこともできるようになっており、その場合はLEDの部分がホームボタンとなります。

UI・動作など

screenshot_20161023-232516
screenshot_20161023-232521
screenshot_20161023-232956
基本的にはAOSPに近いですが、クイック設定パネルが透過されていたり、アプリ履歴の画面に全削除のボタンが追加されていたりと多少のカスタマイズはされている様子。

screenshot_20161023-233202
デフォルトでは右がバックキー(オンスクリーンキーでは珍しい気がします)になっていますが、設定で一般的な配列に入れ替えることは可能。
Android標準の全画面表示のほかに、独自仕様で任意のタイミングでナビゲーションバーを非表示にできるような機能が付いています。


screenshot_20161024-002239
screenshot_20161024-003529
日本ではあまり馴染みのないHelio P10というオクタコアのSoCですが、ベンチマーク的にはSnapdragonで言うと617あたりが近そうです。ハイミドルといったところでしょうかね。
RAM 4GBのおかげもあるでしょうが、実際に使ってみても大きな負荷のかかることをしなければ納得の行く感じです。


その他の部分の感想です。

まず、SHARP製の5.5インチフルHD液晶が綺麗です。発色も視野角もなかなかこの価格帯の機種では得られないクオリティでしょう。
輝度も高く、デフォルト設定では半分より少し明るい方寄りぐらいなのですが、初期設定の白地の画面で眩しさを感じたほどです。

一方で、もう1つ部品メーカーを公式サイトでアピールされていた、Panasonicのイメージセンサーを採用しているカメラはがっかり。

ソフトウェアの問題もかなりあるような気がしますが、画質はノイジーですしAF速度や撮影時のライブビューの追従がかなり遅いです。
マニュアル撮影ができるモードも用意されているのですが扱いやすいとは言えず、カメラに関してはおまけ程度と思っておいたほうが良さそうです。

バッテリーは4000mAhと大容量ですが、使ってみた印象としては意外と普通の持ち時間ですね。

まとめ

総評としては、お値段以上の価値がある機種と言えるでしょう。
一押しポイントは液晶の綺麗さで、5.5インチと大きめですし処理能力も悪くありませんからビューワー用途ならかなりアリだと思います。

本体重量の重さとカメラがネックなので、それらが気にならなければぜひ。ご購入は以下のリンクから可能です。

UMI Super 5.5 inch Fingerprint 4GB RAM 32GB ROM Helio P10 MT6755 Octa core 4G Smartphone | Banggood