VAIO Pro 13 mk2を買いました

2016.10.05 Mac・PC ライター:__agar

約2年ぶりにメインマシンを買い替えました。最近はMacを使っていたのでほぼ4年ぶりのWindows出戻りです。

出戻りの理由

マシマシなMacBook Pro retina 13inchに乗り換えました

DSC02933
直近の利用機種はMacBook Pro Retina(Late 2013)。

かなり余裕のある構成のモデルを使っていたので実用上の問題・不満はまだなかったのですが、毎回2年程度で買い替えているので問題のないうちに、と言ったところでしょうか。

というのも「次はMacをやめてみよう」というのをかなり前から思っていて、せっかくリセールバリューが高い(≒買い替えしやすい)という利点もあるので早めに動いておきたかったのです。大幅改良の新モデルの噂も聞こえ出していたので買い替えに踏み切りました。

現時点では使っているMac自体への不満は決して大きくなかったものの、Macユーザーだった4年間、OSアップデートのたびに毎年落胆や後悔を感じていたこと、最近では新ハードの方向性(疑似フィードバックになったトラックパッドや極端にショートストロークなキーボードなど)が肌に合わなかったこともあり、「Apple 1社にすべてのさじ加減を委ねるシステムである以上、そのAppleの設計思想が気に入らないなら今は引くべきだ」と感じたのです。

もちろん、Macが完全に嫌いになったわけではありませんし、ハードやソフトが再び好みに合う時が来たらきっとまた手にすると思います。

ただ、そんないきさつがあって「Windows 10はちょっと触ってみた感じ良くなってたし、戻ってみるか」という結論に至ったのです。

買い替え候補

13インチクラスのノートで検討しており、頻度としてはそんなにしないけれどモバイルも行ける機種が良い、Lightroomなどを使うのでメモリは8GBは欲しい、タッチパネルはいらない、キーボードは納得行かないと嫌…といった具合。

最終的に購入したPro 13 mk2以外ですと、DELLのXPS 13(9350)にかなり惹かれました。
en-intl-pdp0-dell-xps-13-i5-8gb-128gb-qf9-00096-p3
13インチなのに狭額縁で11インチノート並のボディサイズ、USB Type-Cがあるのも便利そうですし、質感もよくかなりそそる出来です。カーボン素材のキーボード面がめちゃくちゃ格好いいです。

他にもZenBook 3の発売を待つか考えてみたり目星を付けている機種がいくつかありましたが、候補の1つ、VAIO Pro 13 mk2のかなり安く状態の良い物を見つけ、構成も希望の物に近かったので決定。

簡易レビュー

簡単にですがレビュー的なものをしておきます。PCはあまり詳しくないのでさらっと書きますがご容赦ください。

VAIO Pro 13 mk2は、SONY時代末期の「VAIO Pro」を元にVAIO株式会社になってから改良されたモデル。2015年発売です。
Pro 11のmk2も作って欲しかったなあ…。

20161003_143222_hdr
天板のデザインやヒンジ側の金属パーツなどいかにもVAIOらしい雰囲気。直線的でなかなかかっこいいと思います。
マットブラックの塗装がされているのですが、手の跡が付きやすいのは少々難点かも。

20161003_143318
底面。パーツ分けも少ないですし表記類も端に並べられ、Windowsノートとしては結構きれいなのではないでしょうか。

20161003_143502
ディスプレイ側の端が接地する足になるVAIO独特のヒンジ構造。

20161003_143127
キーボードのアップ。素直な配列のアイソレーションキーボードです。
打鍵音は若干うるさいかなと感じますが、先代モデルと比べてボディの剛性が大幅に向上しているおかげで大きなたわみもなくフィーリングはかなり良くなったと感じました。

キーボードにはバックライトも付いています。

ちなみにキーボード周りは段差などなく端まで一枚板になっていて、どうやって閉じた際の画面との間を取っているのかなと疑問だったのですが、端のキーから本体の縁までの部分が緩やかに傾斜している(キーのある部分が少し低くなっている)のですね。なかなか凝った仕様です。

20161003_143748
キーボードがよくなった分、タッチパッドの完成度が低く感じました。縦方向が狭すぎるのとクリックボタンの音が大きく安っぽいです。

細かいことを言えば、本体の下端からボタン1つ分ほどの余白を空けてクリックボタン、その上にタッチパッド、というように配置されているのですが、下端の中途半端な余白のせいで位置が掴みづらいです。何もないところに指が伸びることがしばしば…。

20161003_142730
VAIO株式会社になってからのVAIOは初めて購入したのですが、メーカー製Windows PCとは思えないくらいクリーンな中身で驚きました。ブロートウェアがほぼないです。
どうにでもなることではありますが、気持ちよく使い始められるのはちょっと嬉しいですよね。

気になる部分もいくつかあります。

パームレストは少し光沢のある仕上げでヘアライン加工されているのですが、手を置いていると跡が残りやすいです。
底面やディスプレイのベゼル(タッチパネル非搭載モデルの場合)は樹脂そのままの質感。

全体的に、デザインは格好いいのですが素材選びがイマイチという印象です。
とは言え、そもそも超軽量のモバイルノート。そこは目をつぶっておくべきかもしれませんね。

タッチパネル非搭載モデルで1.02Kgという軽さは、フットプリントが極端に小さくない、平均的な13インチノートとしての大きさがあるせいもあってか手に取るとかなりインパクトがあります。積極的に持ち出したくなりますね。