UQ mobile新機種「BLADE V770」「DIGNO W」「DIGNO Phone」を発表

2017.01.25 ニュース ライター:__agar

UQコミュニケーションズは、25日に開催した発表会において「UQ mobile」の2017年春モデルとなる3機種を発表しました。

BLADE V770


UQ mobileでは初めてのZTE製スマートフォンです。
ドルビーオーディオを採用しており、臨場感のあるサウンドが楽しめると謳われています。

スペックは、Snapdragon 617/RAM 2GB/ROM 16GB/2,540mAhのバッテリーといった構成で、5.2インチフルHD(1920×1080)の液晶を搭載しています。OSはAndroid 6.0。

既存のラインナップの中で見ると、同じSoCと同じ大きさ・解像度のディスプレイを搭載している「Huawei P9 lite PREMIUM」や「Alcatel IDOL 4」がライバルになりそうな印象。
バッテリー容量やRAMなどあちらのほうが上回っている部分もありますが、価格次第かなという気がしますね。

発売は2月下旬の予定。

DIGNO W


京セラ製のスマートフォンで、auから発売される「rafre KYV40」と同等です。

au版と同様にハンドソープやボディーソープでも洗えて清潔に使えるほか、防水・防塵・耐衝撃などの耐久性を持っています。

スペックは、Snapdragon 430/RAM 2GB/ROM 16GB/3,000mAhのバッテリーといった構成で、5.0インチHD(1280×720)のTFT液晶を搭載しています。OSはAndroid 7.0。

発売は3月上旬の予定。

DIGNO Phone


UQ mobile初のAndroidケータイです。
DIGNOブランドですが、見たところ「GRATINA 4G」がベースのようですね。

京セラの機種ではおなじみの、防水・防塵や耐衝撃といった耐久性の高さや、通話を聞き取りやすい「スマートソニックレシーバー」の採用などは強みでしょう。

現時点では特にこの機種に合わせたプラン等は発表されていないのでスマートフォン用の既存のプランで使うようになるのかと思われますが、この機種が発売される頃には5分以内通話無料の「おしゃべりプラン」も開始されていますし通話主体のユーザーでも高くはないのではないでしょうか。

発売は3月下旬の予定。