9.7インチの新型iPad発表。37,800円(税抜)からの廉価版

2017.03.21 ニュース ライター:__agar

Appleは21日、iPadの新モデルを発表しました。



今回登場したiPadは9.7インチディスプレイを搭載していますが、既存のiPad Pro 9.7の後継機種ではありません。

製品名は単に「iPad」を名乗っており多くを語りませんが、いわば廉価版の位置付けです。
これまでは1世代前の機種が値下げの上でラインナップに残されてきましたがその代わりになるものと思われ、実際に早くもiPad Air2がApple公式サイト上のラインナップから姿を消しています。


この新機種は、9.7インチのRetinaディスプレイにA9チップ(iPhone 6sなどで採用)を搭載し、800万画素のカメラやTouch IDを備えています。

厚さ7.5mm、重さ469gで、これはiPad Airと同じ数値。Air 2やPro 9.7ほどコンパクトではありません。
また、クアッドスピーカーやApple Pencil対応といった最新の装備は省かれています。

その分、最安の32GB/Wi-Fi版で37,800円(税抜)からと従来の9.7インチiPadより安く購入できるようになっています。

基本性能自体は最新でこそないものの悪くありませんし、最新モデルの性能・機能を必要としない方や数が必要な法人用途などでは良いのではないでしょうか。

シルバー・ゴールド・スペースグレイの3色、32GB/128GBの2容量、Wi-Fi版/Wi-Fi + Cellular版が選択でき、オンラインストアでは3月25日の午前0時01分から注文可能です。

Source:Apple