約3,000円、歩数・心拍数・血圧測定機能付き「M7 Smart Watch」レビュー

2017.04.19 その他レビュー ライター:__agar

海外通販サイトのGearBest様より、「M7 Smart Watch」をご提供いただきましたのでレビューします。



中身が見える作りのパッケージ。メーカー名や製品名などの印字はどこにも無く、ちょっと妙な感じです。
後述の専用アプリの情報を見ると、「Hband」というのがメーカー名あるいはブランド名でしょうか。


スマートウォッチ本体と専用の充電ケーブル、説明書と(何も書かれていない)合格証が入っていました。いいのかな…


説明書には専用のスマートフォンアプリをダウンロードするためのQRコードが付いています。
説明書を無くしたらもう使えないのか!?と一瞬焦りましたが、Playストアにも同等の物がありました。

H Band 2.0 |
Google Play

なお、本記事ではQRコード経由で入手できるapkを使って試用しています。


本機のディスプレイは四角ですが、デザイン的には丸い盤面を備えたごく普通の腕時計のように見えます。
ディスプレイとベゼルの境目はまったくと言っていいほど目立たず、この部分に関しては良い仕上がりだと感じました。


筐体・バンドの質感は価格相応な印象で、あまり期待すべきではないと思います。
留め具の方式はそう変わったものではなく、調整も容易なのは良い点ですね。


裏面にはセンサーと充電端子があります。


専用の充電ケーブルはマグネットで固定されるようになっています。
マイナー製品で専用規格となると事実上ケーブルの寿命が本体の寿命になってしまいますが、価格も価格ですし割り切って使うのが良いのではないでしょうか。



画面を上下にスワイプすると、時計・歩数・消費カロリー・歩行距離・心拍数・血圧を切り替えて表示できるようになっています。

本体からできることは基本的に時刻表示と計測データの確認(心拍数・血圧に関してはアイコンをタップした時に計測)のみで、非常にシンプルにまとまっています。



専用アプリは初回利用時に会員登録が必要です。
メールアドレスor電話番号と、パスワードを設定すればOK。


一応日本語化されていますが、よく分からない訳になっている部分も多々ありました。複雑な操作はないので十分推測して使える範囲ではあります。


「M7 Smart Watch」で記録された歩数・睡眠時間・心拍数・血圧などをグラフで閲覧できます。


心拍数・血圧測定に関してはアプリでの操作で計測開始することも可能。


ファームウェアのアップデートも行われているようで、こちらもアプリを入れたスマートフォン経由でできるようになっています。このほか、アラームの設定などをアプリ経由で行えます。

まとめ


シンプルながら十分な計測項目を備えていますし、腕時計らしいフォルムで違和感が少ないのは良いですね。
チープさや専用アプリの怪しい(?)日本語が気にならなければ活動量計の入門用としては悪くないと思います。

M7 Smart Watch | GearBest

今回ご紹介したものはローズゴールドですが、シルバー・ブラックもありますよ。