au 2017夏モデル「Xperia XZs」「Galaxy S8/S8+」を発表

2017.05.23 ニュース ライター:__agar

23日、auの2017夏モデルのうち「Xperia XZs」「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の3機種が30日の夏モデル発表会に先駆けて発表されました。

Xperia XZs SOV35


昨年の「Xperia XZ」のマイナーチェンジ版。

Snapdragon 820搭載、ディスプレイは5.2インチフルHD(1920×1080)のトリルミナスディスプレイで、多くの部分はXZと同様です。

主な変更点は、RAMが3GBから4GBに増強されたこと、新開発の「Motion Eye」カメラシステムを搭載していることです。
960fpsのスーパースローモーション撮影や先読み撮影などの新しい機能が利用できるようになりました。

その他、従来から搭載されている節電機能「STAMINAモード」の延長で、使用状況を学習してバッテリーが持たないと判断された時には適切なモードへの切り替えを提案する「スマートスタミナ」という機能が加わるなど、ブラッシュアップされています。

カラーはブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの4色。
先に発表されているSoftBank版と同様です。

5月24日から各直営店にて先行展示、発売日は26日です。

Galaxy S8 SCV36


サムスンのフラッグシップ「Galaxy S」シリーズの最新作です。
極端にベゼルの少ない、先進的なデザインが目を引きます。

5.8インチというディスプレイサイズだけ見るとかなり大きめの機種のように思えますが、細長い18.5:9のディスプレイである上に画面占有率が高いので意外に小柄です。
幅68mmなので一般的な作りの機種で言えば5インチ台前半の機種より幅が狭いくらいですね。

最新のSnapdragon 835を搭載し、RAM 4GB/ROM 64GB。バッテリーは3000mAhです。
前モデルに続いて、デュアルピクセル技術搭載のカメラで素早く撮影できます。


カラーはオーキッドグレー、コーラルブルー、ミッドナイトブラックの3色。
いずれもベゼルは黒です。

5月24日から各直営店にて先行展示、発売日は6月8日です。

Galaxy S8+ SCV35


先に紹介したGalaxy S8の大画面版。

どちらも解像度は2960×1440で変わりませんが、S8が5.8インチ、S8+が6.2インチとディスプレイサイズが異なります。
バッテリー容量も3500mAhと、S8+のほうが少し多いです。

S8の項目でも書きましたが、アスペクト比も画面占有率も既存の機種とはまるで違うので、「6.2インチは大きすぎる」と思う方も一度両機種を手に取って選ぶのが良いでしょう。

余談ですが、S7 edgeがSCV33、S8+がSCV35、S8がSCV36ということで、「SCV34」が欠番になっています。
技適などの痕跡も残っていて、やはりバッテリー問題が無ければ久しぶりにNoteシリーズの国内発売があったのかもしれませんね(参考:au向けGalaxy Note7として発売予定だったSCV34が技適通過 | blog of mobile)。


カラーはミッドナイト ブラック、アークティック シルバーの2色。

S8と同様に、5月24日から各直営店にて先行展示、発売日は6月8日です。

まとめ

今年のauの夏モデル発表会は30日なので、この3機種で終わりではありません。

docomo発表会の直前に、auが主要機種の発表だけねじ込んでくる…というすっかりお決まりのパターンですね。
昨年もS7 edgeが先行発表されていました。

他の機種がどんなものかも含めて楽しみですね。
3機種とも早速24日から先行展示なので、お近くにau直営店がある方、お時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

Source:プレスリリース(1), プレスリリース(2)