無音で快眠!耳栓「Crescendo Sleep」レビュー

2017.05.03 その他レビュー ライター:__agar

睡眠用の耳栓「Crescendo Sleep」を約1ヶ月ほど使ってみたのでレビューします。

用途によって選べる耳栓

Crescendは、オランダのDynamic Ear Companyが発売している耳栓のシリーズです。
日本ではシンセサイザーなどで有名なKORGが輸入代理店となっています。

なんと言っても特徴的なのが、その種類の豊富さ。

用途に応じたバリエーションが用意されており、日本に現在正規輸入されているものだけでも18種類。

私が今回購入した睡眠用モデルは耳栓の用途としては比較的イメージしやすいかと思いますが、レーサー用・射撃用・スポーツ観戦用・花火鑑賞用など「そんな専用の商品があるの!?」というほど多彩なシチュエーションに合わせた物が揃っています。

特に音楽用の物は細分化されており、ライブ観客用、DJ用、ギタリスト用、ドラマー用、管楽器用などがあります。

ライブの難聴・耳鳴り予防に!耳栓「Crescendo Music」を試してみた。| CuriousBox

私の大好きなブログ「CuriousBox」のとまとさんがライブ用の「Crescendo Music」のレビューを書かれていて興味を持ったので、私は普段から使えそうな「Crescend Sleep」を買ってみました。

開封レビュー


このようなブリスターパックに入っています。
用途によってカットされる周波数帯や音量が異なるのですが、この「Sleep」の場合はパッケージにもある通り約25dB遮音してくれます。

パッケージを見ると一見2セット入っているようにも見えますが、Crescendoはイヤーチップ(透明の部分)とフィルター(青い部分)に分かれていて、イヤーチップは大小2組、フィルターは1組のセットなので実際には同時に使えるのは1組だけです。


海外版のパッケージそのままですが、上から日本語の説明書きが貼られていますね。


こちらが耳栓本体の画像です。
Etymotic Researchのイヤホン(ER-4Sとか)のような三段キノコ型になっています。

この通り、カナル型イヤホンの先ぐらいの大きさしかない小さいものなので使用時は耳の中にすっぽり収まってしまいますが、外す際に引っ張れるような突起があるので特に心配はないと思います。


保管用のケースも付属しています。キーホルダーとして付けられるようになっているので持ち歩きにも便利ですね。

そこそこオシャレで良いと思うのですが、大きいほうのイヤーチップを使用していると詰まってうまく出てこない場合が結構ありました。

1ヶ月使ってみて

1ヶ月ほど使ってみましたが、遮音性については文句なしに良いです。

自宅は集合住宅かつ道路沿いなので周りの生活音や車・バイクの音などが聞こえることがよくあるのですが、「Crescendo Sleep」があるとほぼ無音と言ってもいいほどです。

知人に手伝ってもらって試してみましたが、話し声なども至近距離でなければかなり絞れるので、家族のいびきが気になる人や、夜行バス・ネットカフェなどを利用した格安旅行などにも便利ではないかと思います。

「無音」に近く感じる理由は外部の音だけではなくて、普通の耳栓を着けると気になりやすい自分の心拍音も軽減しているというところにあります。
さすが睡眠用に特化しているだけあってよく考えられています。

遮音性の高さだけでなく、一般的なフォームタイプの耳栓のように本当に「耳に栓をする」ような構造ではないので、圧迫感や蒸れが少ないのは非常に良い点だと思います。耳栓を使ったことがあまり無い方でも違和感なく使えるのではないでしょうか。

使い勝手の面では、イヤーチップ・フィルターともに水洗いできるので繰り返し清潔に使えるのが良いですね。

まとめ

耳栓で約2,000円は決して安い価格設定ではありませんが、これで得られるQoLを考えるとそれだけの価値は十二分にあります。

その価格さえも、安い耳栓を何度も買い替えるより長く使えて性能も高いCrescendoを選んでおいたほうが長い目で見れば良いかもしれませんし、多少でも耳栓を使う機会がある方なら文句なしにオススメのアイテムですよ!