デレステ・ガルパなどに最適!「セイワ すべり止めシート カーボン」レビュー

2017.06.03 その他レビュー ライター:__agar

スマホで遊ぶ音ゲーといえば「Cytus」「Deemo」などの純粋な音楽ゲーム以外に、「スクフェス」「デレステ」「ガルパ」などソーシャルゲームの要素が入ったゲームが盛んで遊んでいる人もかなり増えましたよね。



これらのゲームで遊ぶとき、スマホを両手で持って親指で押すか、机などに置いて複数の指で押すかのどちらかになる人が多いと思います。

後者の場合、特にフリック操作のあるゲームだと顕著なのがプレイ中にスマホがズレてしまうという問題。
この対策はみなさんやはり工夫されているようです。

先日Amazonを眺めていた時に、車のダッシュボードにスマホなどを置いておくための滑り止めシートが目に入りました。

スマホを置くための物ならサイズとしては最適でしょうし、動いている車の中、それも必ずしも平らではないダッシュボードに置けるように作られている物なら安定しそうということで試しに買ってみました。

製品レビュー


同種の製品はたくさん売られているのですが、デザインが滑り止めそのままではないのが気に入ったのでセイワの「すべり止めシート カーボン」を購入。


あくまで滑り止めシートなので材質はシリコンですが、スマホを置く表面はカーボン風のパターンが入っています。縁が赤いのも良いアクセントになっているのではないでしょうか。
裏面は平らで表面以上に滑りにくくなっています。


シート単体なら垂直なドアに貼り付けても落ちないくらいの力があります。
あくまでシリコンの吸着力のみで付いていて接着剤などは使われていないので、使い終わったらその都度剥がして保管することももちろん可能です。

吸着力の高さゆえにホコリなどは付きやすいですが、水洗いすれば簡単に復活します。


この商品は「80x160mm」と「112x200mm」の2サイズが発売されています。
今回は大きい「112x200mm」を購入しました。

上の写真では5.7インチと大きめのスマートフォンを置いていますが、それでも余裕があるので大抵のスマートフォンは置けるかと思います。
7インチタブレットは厳しそうです、Xperia Z Ultra(6.4インチ)くらいまではサイズ的に置けますね。

ゲームでの使い勝手は?


実際に「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」と「バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)」、それと普段から高頻度で遊んでいる「アイカツ!フォトonステージ!!(フォトカツ)」のプレイに数日使ってみました。

結論としては、正しく効果を得られる機種ならかなりおすすめできます。
背面が平らな機種で使えばほとんどプレイ中に動いてしまうことはありません。
今回は手元に無かったので試せませんでしたが、Xperia Zシリーズなどだとかなり効果が高そうです。

最初はカメラ部分が飛び出ている機種(Nexus 5X)で使ってみましたが、カメラ部分の多少の段差程度であれば十分に効果を得られました。
iPhone 6以降で遊ぶ場合にも問題無さそうですね。


その後、少々意地悪ですが背面が丸い機種(Moto X Style/本記事中の写真の端末)にゲームを移して遊んでみました。

さすがに接地面積が少なくなってしまうのであまり端のほうを叩くとズレていってしまいます。それでも、普段より少し上を叩くように意識すれば少ないズレで遊ぶことはできる印象。
また、この場合でも問題の「左右フリックした時のズレ」は大幅に防ぐことができました。

まとめ


本来の用途ではないのであくまで自己責任で、というのが前提にはなりますが、ゲームアプリ用の滑り止めとしてかなりオススメできる製品です。

ちなみに、この製品を選んだ理由は「デザイン」「サイズ」以外にもう1つあって、Amazonのあわせ買い対象製品ではないので単品でも手軽に購入できます。
もっと安いすべり止めシート自体は他にも売っているのですがあわせ買い対象になってしまっているものも多く、隠れたメリットと言えるのではないでしょうか。