Google Homeの「キャスト」機能でSoundCloudなどを再生する方法

2017.10.24 IoT ライター:__agar

スマートスピーカー「Google Home」では、Googleの「Play Music」や「Spotify」などの音楽ストリーミングサービスを音声コマンドで再生できます。


これだけでももちろん便利なのですが、実は音声コマンドに対応していないサービスでもスマートフォンから指示を出せば「Google Home」や「Google Home Mini」での再生ができることはご存知でしょうか。

Google Homeにキャストする方法



「Google Home」アプリをインストールして連携させたスマートフォン上で、同アプリのメニュー内にある「画面や音声をキャスト」または画面下部のタブにある「見る」をタップします。


すると、スマートフォンにインストールされている音楽アプリの中でこの「キャスト」機能に対応している物があれば一覧表示されます。

いくつかのアプリをインストールして試してみたところ、この記事の執筆時点では「SoundCloud」と「AWA」は対応、「LINE MUSIC」などは非対応でした。


「キャスト」機能が利用できるのは、「Google Home」と操作するスマートフォンが同一のWi-Fiに接続されている時です。
Google Homeアプリの右上にあるアイコンをタップすると、以下の画面のようにキャストできるデバイスの一覧が表示されます。


このような表示になっていればOKです。複数台のデバイスがある場合も、再生時に選択できるのでこの画面では特に操作の必要はありません。


実際にGoogle HomeアプリからSoundCloudを起動してみました。画面右上にキャストを開始するためのボタンが表示されています(赤枠で囲った部分です)。

なお、Google Homeアプリを経由して開くのは必須ではなく、通常通りアプリを起動しても同一Wi-Fi上にキャストできるデバイスがあればこのボタンが現れるようです。


続いて、「キャストするデバイス」というポップアップが出てくるので、複数台設置している場合はここでどのデバイスを使って再生するか選択します。


キャスト再生中の音量の操作はスマートフォンの音量ボタンでもできるようになっています。
なお、「Google Home」や「Google Home Mini」の本体上部でのタッチ操作や音声コマンドでの音量調整も通常通り可能です。

再生中の音声コマンドは利用可能


「キャスト」機能での音楽再生を試してみて分かったメリットは、一度再生開始してしまえばPlay MusicやSpotifyをGoogle Homeで利用する場合と使い勝手はあまり変わらず、音声コマンドでの再生操作が可能ということです。

今回は「SoundCloud」アプリからのキャストで検証しましたが、音量調整や再生の停止/再開、曲送りなど一通りの操作が可能でした。

まとめ

開始時にスマートフォンから操作する必要がある点を除けばGoogle Home単体での音楽再生時に近い使い勝手で、利用できるサービスを増やせる「キャスト」機能は、Google Homeに未対応のサービスを普段使っている場合には大変便利だと思います。

また、「Play Music」をあえてこの操作で開始することも可能なので、聴きたい曲名を思い出せない場合やジャケットを見ながら選曲したい気分の時にも使えるのではないでしょうか。

「Play Music」と「Spotify」だけでは物足りないというGoogle Homeシリーズユーザーの方はぜひお試しください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/10/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/10/26時点)