SONYのGoogleアシスタント搭載スピーカー「LF-S50G」が12/9より国内発売へ

2017.10.26 ニュース ライター:__agar

Googleアシスタントを搭載するSONYのスマートスピーカー、「LF-S50G」の国内発売予定が発表されました。



「LF-S50G」は、IFA 2017で発表されたSONYのスマートスピーカーです。

Googleアシスタントに対応しており、簡単に言えば、「Google Homeと同じように使えるサードパーティー製のスピーカー」のひとつです。


SONYらしく音質も重視した機種となっているようです。
本家のGoogle Homeシリーズは「Google Home」「Google Home Mini」ともに音がこもるというような評価もあり音楽再生用としては評価が今ひとつな部分もあるので、スピーカーとしての性能がネックで導入をためらっていた方にはおすすめしたい機種です。


「Google Home」シリーズでは曲送りや音量調整などの操作は音声または本体上部のタッチセンサーで行いますが、「LF-S50G」には非接触のジェスチャー操作が用意されていることも特徴。

このため、手が濡れている時でも簡単に操作できるとアピールされています。ちなみにIPX3相当の防滴性能も備えています。


本体の前面にはデジタル時計を装備。Google Homeでも「OK, Google、今何時?」と呼びかければ現在時刻の確認はできますが、すぐに目視で確認できるのは便利そうです。


Google Homeシリーズと同様、Googleアシスタントの利用やGoogle Play Music・Spotify・radikoなど対応サービスでの音声再生だけではなく、通常のBluetoothスピーカーとしての利用も可能となっています。

他のSONY製Bluetoothスピーカーと同様にNFCを利用したペアリング機能が付いているので、Bluetooth接続時は本家より利便性が高いのではないでしょうか。


本体色は、ホワイト / ブラック / ブルーの3色。日本での発売は12月9日を予定しています。
ソニーストアでの価格は、24,880円+税となっています。

まとめ


最近「Google Home Mini」を2台購入してスマートスピーカーにハマっている筆者としては、かなり注目の製品です。

「Google Home」シリーズは(未発売のMaxは未知数ですが)音楽再生の用途であまり期待できないのがネックでどうしてもGoogleアシスタントを利用するための機械としての運用に私の場合はなってしまっているのですが、フルに活用できるステップアップ先として「LF-S50G」にはかなり魅力を感じます。

「Google Home Mini」を使っていると音声以外でできる操作が少ないことも電話がかかってきた時などとっさにスピーカーの操作をしたい場合には不便だと感じているので、「LF-S50G」ならジェスチャー機能で一通りの再生操作が出来るという点も良さそうです。

本家「Google Home」シリーズを上回る機能性の高さで、ぜひ店頭展示などで触ってみてマイク感度や音質などが期待通りなら今すぐでも買い替えたい!というのが私の感想です。

まとめと言いながらだいぶ長い後書きになってしまいましたが、とにかくかなり魅力的なガジェットで、発売が楽しみな1台です。

ソニーストア