Amazon Echoシリーズが日本発売へ。Echo/Echo Plus/Echo Dotの3モデル

2017.11.08 ニュース ライター:__agar

8日、以前よりアナウンスされていたAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズの日本発売について詳細が明らかにされました。



日本向けに最初に投入されるモデルは「Echo」「Echo Plus」「Echo Dot」の3機種で、当初は招待制での販売となります。
価格はそれぞれ、Echoが11,980円、Echo Plusが17,980円、Echo Dotが5,980円です。EchoとEcho Dotに関しては、プライム会員向けの割引が発表と同時に実施されています。


基本形の「Echo」は円筒形の本体形状で、360°全方向スピーカーとどの方向からでも正確な音声認識を実現する7つのマイクを搭載。
音楽再生や天気・ニュースの確認、アラームのセットなどをAIアシスタント「Alexa」に話しかけるだけで行うことができます。


上位機種の「Echo Plus」は、Echoの基本機能に加えてスマートホームハブを内蔵しています。
スマート電球の「Philips Hue」などの機器の制御が別途ハブを用意する必要なく可能で、よりシンプルにスマートホーム環境を構築できる機種となっています。


最も安価な「Echo Dot」は、Echoと同等の音声認識性能を持ちながら本体サイズを小型化しています。
スピーカーはその分性能を抑えたものとなっているので、音楽再生には利用せずAlexaとの対話ツールとしてのみ使用する場合や、2台目以降としての設置、あるいは外部スピーカーへの音声出力ができるので既存のスピーカーをスマートスピーカー化したい場合などに適しています。


Echoシリーズの日本上陸とともに、核となるAIアシスタント「Alexa」の日本語版もサービスインとなります。
また、定額制音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」の提供も合わせて開始されます。


日本版「Echo」シリーズは発売時点では3機種とも招待制での販売で、まずは製品ページから招待メールをリクエストして案内を待つ必要があります。招待者への出荷は来週より順次開始されるとのこと。

まとめ

日本では後発となりましたが、スマートスピーカーのトップを走っている「Amazon Echo」シリーズがついに購入・利用できるようになります。日本語は音声認識の難しい言語の1つなので、いよいよ日本でサービス開始となるAlexaがどの程度の認識精度に仕上がっているかなど興味は尽きません。

個人的には丸型ディスプレイ付きの「Echo Spot」が一番欲しいのですが、米国でもこれからなのですぐには難しいかもしれませんね。いずれ日本のラインナップにも追加されることを願います。ひとまずは、今回発表された3機種のどれかを試しに買ってみたいと思います。

繰り返しになりますが、購入には招待のリクエストをしておく必要があります。各製品ページから申し込めるので、気になっている方はお忘れなく。