【PR】フルワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」レビュー

2017.11.22 その他レビュー ライター:__agar

11月22日に国内発売されるBluetoothイヤホン「Beoplay E8」の無償提供を受け、1週間ほど試用してみましたのでレビューしたいと思います。

「Beoplay E8」とは?


デンマークの老舗高級オーディオメーカー「Bang & Olufsen」が、よりカジュアルに楽しめるブランドとして展開している「B&O Play」。同ブランド初のフルワイヤレスBluetoothイヤホンが「Beoplay E8」です。

5.7mm系のダイナミック型ドライバーを採用し、”聴いていて疲労感のないオールラウンドなサウンド”を目指したチューニングが施されワイヤレスでもB&O Playならではの高音質を追求しているだけでなく、ハンズフリー通話への対応やイヤホンを外さずとも周囲の音を聞くことができる「Transparency Mode」の搭載、本体をタップして操作できるタッチコントロールなどBluetoothイヤホンとして求められる機能性にもこだわった機種となっています。

左右独立型のイヤホンでは構造上片側だけ再生が途切れてしまうことも起きやすいのですが、その点も左右間の接続に補聴器などの分野で利用されてきた信頼性の高い「NFMI」技術を用いることで対策されています。

日本での発売日は11月22日、定価は32,900円(税込)です。

開封・付属品


パッケージを開けると、まずはイヤホン本体と充電・携帯に使用する専用ケースが収められています。


付属品をすべて並べたところです。本体(左右ユニット各1個)、専用ケース、充電用のmicro USBケーブル、イヤーピース、クイックスタートガイドが入っていました。

イヤーピースはシリコン製の物が本体に装着されている分も含めて4サイズと、コンプライのイヤーピースが1組付属しています。
説明書はBeoplayアプリ(後述)からもPDFで見られるので、スマートフォンで利用するのであればいつでも確認でき便利です。

外観


ヤコブ・ワグナーによってデザインされた本体は、シンプルでシーンや服装を問わず違和感なく利用できそうです。
B&Oロゴのある丸い部分はタッチコントロール用のセンサーにもなっています。


裏面には左右を示す表記と充電用の接点が見えます。筐体はラバーとポリマー素材で構成されていて、汗や水に強い仕様とのこと。
質感も悪くなく、耳に触れた感じもひんやりとせず扱いやすいボディです。

専用ケース


専用ケースの表面には本革が使われており高級感があります。片側に伸縮性のある紐が付いていて、ポケットやバッグから取り出す時などに便利でした。


ケースの開閉は軽く、かと言って勝手に開いてしまうことはない良いバランスです。


「Beoplay E8」本体を収納するとこのようになります。ケースの形状とマグネットでしっかり固定されるのでズレてしまう心配はなく安定して充電できます。
本体形状に合わせた作りですがイヤーピース部分には多少余裕があるので、付属以外の物に交換した場合もある程度対応できると思います。


本体・ケースの充電は、ケース背面のmicro USB端子を通して行います。
本体のバッテリーのみで最大4時間の連続再生が可能で、ケース側にもバッテリーが搭載されており本体を2回フル充電することが可能です。

装着感


「Beoplay H5」も使っているのでそちらとの比較になりますが、ハウジングのサイズはH5よりもE8のほうが大きめなので耳の小さい方などは収まりが悪いかもしれません。

私の場合H5は無理なく装着できるのですが、E8ですと長時間装着していると耳の軟骨部分が押された状態で少し違和感が出てきました。そう感じたのは右耳だけで左は快適に利用できているので、耳の大きさ+形状によるかもしれませんね。もしかしたら、という方は一度試聴してみることをおすすめします。

相性の問題を除けば、E8の装着感はかなり好印象です。
H5の場合はイヤーピース一点で本体を支える構造、かつ重心の問題もあるのかイヤーピースを比較的しっかり選ばないと抜け落ちやすいと感じていたのですが、E8の場合はイヤーピースでの保持に加えてユニットの後端が耳に触れる面積が大きく内側からしっかりフィットしてくれます。このおかげで、首を振ってみたりしても安定して装着できていました。

一方で、この構造ゆえに密閉感や圧迫感はある程度あります。遮音性が高く個人的には移動中などに音楽を聴くにはこれくらいのほうが快適でしたが、人によっては内側から押される感じが気になるかとも思います。
装着していると周囲の音はあまり聞こえませんが、これは「Transparency Mode」の利用で解決できます。アプリについての章で詳しくお話ししましょう。

操作性


「Beoplay E8」は左右の各ユニットの表面をタップして操作できるようになっています。
ケースから取り出して右ユニットをタップすると電源ON、その他の操作は以下の通りです。

・再生/一時停止 = 右タップ
・次の曲 = 右タップ ×2
・前の曲 = 左タップ ×2
・音量 = 左長押しでマイナス、右長押しでプラス
・Transparency Mode = 左タップ
・Voice activation = 右タップ ×3
・着信を受ける = 左タップ or 右タップ
・着信拒否 = 左長押し(5秒間) or 右長押し(5秒間)
・電話を切る = 左タップ ×2 or 右タップ ×2

ケーブルの途中に操作用のリモコンを付ける、といったことのできないフルワイヤレスイヤホンでは最低限の操作しかできない機種も多いですが、Beoplay E8では考えられる一通りの操作ができるようになっている点は評価できます。

一方で、現時点での操作性は大満足、とまでは言えません。
理由の1つは(長押し以外の時に)若干長めにタップする必要があり2回・3回と連打する操作にコツが要ること、もう1つは操作の割り当ての問題です。

誤操作防止のためだと思いますが、スマートフォンなどのタップの感覚からすると少しゆっくり押してあげる必要があり、それが2度押しや3度押しの操作になると少々難しいです。
「Voice activation」という操作でイヤホンからSiriやGoogleアシスタントの起動ができるのは非常に便利だと思い何度か試してみたのですが、3度押しの判定がシビアで「これならスマートフォン出して見るかな…」と正直なところ思ってしまいました。

もう1つの操作の割り当てについてですが、主に気になったのは再生/一時停止の操作です。
音楽を聴いている時に右側を一回タップするだけで一時停止になるので不意に触れてしまって意図せず音楽を止めてしまうことが多く気になりました。操作の割り当てが変更できる機能があるとより良いかな、と思います。

アプリ


「Beoplay E8」は他のB&O Playブランドの機器と同様、Android/iOS用の「Beoplay」アプリからコントロールすることができます。


このアプリからは本体のアップデートや説明書の確認など様々なことができるようになっているので、スマートフォンでの利用を考えているのであればまず入れておくべきでしょう。


「Tone Touch」という音質調整機能も「Beoplay」アプリから利用可能です。WARM・EXCITED・RELAXED・BRIGHTの4つのタイプに分かれたスペース上にある白いマークを移動させるだけで自然に音を変化させることができ、一般的なイコライザより知識がなくても直感的に使うことができます。
E8専用の機能ではないのですが、非常に良く出来た楽しい機能なので一度は使ってみてください。


「Transparency Mode」の設定もアプリから可能です。
音楽再生中に左ユニットをタップするとこのモードが起動するようになっていて、E8本体のマイクで周囲の音を拾って聞くことができるモードです。
外部の音を取り込むレベルが3段階で設定でき、”Ambient”では音楽は完全に聞こえず周囲の音を素通ししている状態、”Social”は音楽と周囲の音が半々ぐらい、”Commuting”は音楽が大きめで少し周囲の音も聞ける状態となります。

左右独立型のイヤホンは耳から外してもぶら下げておけるわけではないので「一旦外しておく」という時が面倒なのですよね。わざわざケースに戻すか、ポケットなどに入れて紛失のリスクを負うか、手に持っているしかありません。
Beoplay E8ならTransparency Modeを使えば左側をタップするだけで「擬似的にイヤホンを外せる」のが便利でした。電車に乗っていてアナウンスを確認したい時など、イヤホンをしまうほどではないけれど外の音を確認したいという場合には役に立つ機能です。

まとめ


Bluetoothイヤホンで3万円台、となると躊躇される方も少なくないかと思いますが、ワイヤレスでも良質な物を求めるならばおすすめできる機種です。

現状では操作性にやや難があり、スマートフォンをバッグやポケットにしまったままイヤホン側での操作を多用する方は少し待った方が良いかもしれません。アップデートの仕組みも用意されているのでここは改善に期待したいところです。
耳の大きさ・形によっては装着が難しかったり長時間着けていると痛くなったりする場合もあるので、他のイヤホンでこのような問題に遭遇したことのある方は一度試着・試聴してみてからの購入をおすすめします。

音質、本体やケースの質感、NFMI採用による左右間の接続安定性は高く評価できます。Bluetoothイヤホンといえど音質は犠牲にしたくない方、接続絡みのストレスが少ないフルワイヤレスイヤホンをお探しの方には適した製品でしょう。

今回ご紹介した「Beoplay E8」は、本日11月22日発売です。