「HTC U11」を買いました

2017.11.14 端末レビュー ライター:__agar

以前、発売前に少しお借りして試させていただいたことのある「HTC U11」ですが、最近改めて購入しました。

リキッド・サーフェイスデザインが美しい!「HTC U11 HTV33」ファーストインプレッション

DxOMark Mobile世界一を更新した「HTC U11」のカメラの実力は?

お借りしていた当時の印象としては、Snapdragon 835搭載機に触れるのが私自身初めてだったので、処理能力の高い最新のハイエンドSoCと高速なUFSストレージの組み合わせによる動作の異次元な快適さに感動しました。

そして何より、一番気に入ったのはカメラです。
スマートフォンのカメラというのはその性質上、ぱっと見の見栄えの良さ、いわばSNS受けのようなものを重視した機種が多く(これが悪いと言っているのではありませんよ)、高画質を謳う機種でも見方によっては破綻しているものも多いです。

その点、U11のカメラはシャープネスのかけ方などはさすがにスマートフォンや小型センサーのコンデジにありがちな傾向はあるものの、発色が非常に素直で、カメラ好きも歓迎できるタイプの画作りだと感じました。加えて夜景にも驚くほど強く、もっと使い込んでみたいと思う物でした。

自分でも買おう、という気になったのはやはり快適な動作と素晴らしいカメラの2点が理由でしょう。


個人的な話をすると、ガジェットを購入する際にどうもブロガーとしての思考が割り込んできてしまって、購入以前にモニター企画などでその製品の記事を書いていたりすると「これの話はもう書いてるからブログのネタにならないしな…」と購入候補から真っ先に外してしまうことがよくあります。
何が言いたいかというと、それでも買ってしまうくらいにはU11は良い機種だと思うのです。

外観



以前にも紹介しているので細かくはチェックしませんが、お借りしていた物と同じau版(HTV33)のサファイアブルーを購入しました。


両面に3Dガラスを用いた「リキッド・サーフェイス デザイン」のおかげで、大ぶりな5.5インチ機でありながら手に馴染み操作性は悪くありません。指紋が目立つ、傷や割れが怖い、というのは致し方ないところでしょうか。

保護を考えるとクリアケースが付属しているのはありがたいのですがこちらはかなり小キズが入りやすく、1週間も使えばボロボロのみすぼらしい姿になってしまうのをモニター期間中に確認しているのであまりおすすめしません。
ケースを着けたい場合は別の物を購入したほうが良いと思います。サードパーティー製のケースがかなり少ないので難しいところではあるのですが…。

スペック

「HTC U11」は、Snapdragon 835にRAM 4GB、64GBのUFS2.1ストレージ、2560×1440(WQHD)の5.5インチディスプレイと、2017年のフラッグシップモデルとして相応しい基本性能を持っています。

モニター機では規約上できなかったのですが、今回自前の端末でベンチマークスコアを計測してみたのでご覧ください。


スペック相応のスコアで、実際の動作にも不満はありません。
以前の試用時にも少し触れたのですが、CPU性能の向上は最近のハイエンド機ではもうあまりそれぞれの差を感じにくいところまで来ているように思う一方、ストレージの高速化をU11では大きく感じました。

カメラ

(※こちらの4枚だけフルサイズで見られるようにしてありますので、拡大などしてじっくりお楽しみください)

やはりU11のカメラは良いですね。素直な描写で高画質、とても好きな写りです。

まとめ

最新のハイエンド機らしい至って快適な動作、大きさを感じさせない手の込んだ本体形状、素晴らしいカメラと個人的にはかなり気に入っている機種です。

今ひとつ各社のライバル機種に対しての明確なアドバンテージを打ち出せておらず商業的にはとても成功しているとは言い難いですが、今回ピックアップした点以外にも3Dマイクなど秀でた機能がいくつかあります。隠れた良機種なのでぜひ一度手に取ってみてください。