「LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.」を買いました

2017.12.26 カメラ ライター:__agar

Panasonicの「LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.」というレンズを2ヶ月ほど前に購入しました。しばらく使ってみての使用感などをお伝えします。

なぜこのレンズを?


25mm(換算50mm)の単焦点を選ぶにあたって、ボディと同じPanasonicだけで考えても「LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.」以外にパナライカの「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」がありますし、OLYMPUSなら「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」や「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」、MFレンズまで視野を広げるとコシナや中一光学からF0.95なんてとんでもなく明るいレンズも出ています。

あまりの選択肢の豊富さに迷ってしまいますが、メイン用途として製品レビュー用の写真など実用目的での撮影にこの焦点距離の単焦点レンズを使おうと考えていたので、ひとまずMF専用のレンズは候補から除外。
「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」はとても良いレンズなのですが、ちょっと予算オーバーなのでこれも除外。


残るは「LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.」「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」の3択ですが、「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」は数年前、DMC-GM1をサブ機として使っていた頃に持っていました。これも良かったのですが同じ物を買い直すのは悔しいですよね。

では最終候補となった25mm F1.7と25mm F1.4のどちらにするのかと考えた時に、購入目的からするとライカレンズの味がどうというよりは現代的な写りを求めていて、安価なレンズながら前者は必要な物を満たしていると感じたことが決め手となりました。

開封・付属品


このレンズは店舗独自のレンズキットとして通常のレンズキットに1本プラスする形で販売されることがあり、そういった独自セットで販売するための俗に「白箱」と呼ばれる通常パッケージとは異なる商品が安く流通しています。

Panasonicのレンズではよくあることだそうで、パッケージにこだわらなければ白箱を探すのも1つの手でしょう。
今回は実用品として使い込むつもりなので特にリセールバリューを気にする必要も無かったため、こちらを購入しました。


レンズ本体の他にフード、説明書、保証書が同梱されています。

外観


プラスチックの鏡筒で高級感とは無縁ですが、おかげで125gと非常に軽いレンズです。
質感の良いレンズではないと言ってもつや消しの無難な仕上げで、極端に安っぽかったりボディと組み合わせた時に違和感を感じるほどではありません。


安価なレンズではマウントまでプラスチック製のメーカーも多い中、Panasonicはこのようなレンズもしっかりと安心感のある金属マウントで作っていることには好感が持てます。


付属フードは丸型、バヨネット式です。フィルター径は46mm。


フードを使わない場合は固定用の爪を隠しておけるよう、デコレーションリングも付属しています。コストを抑えつつもなかなかの心遣いですね。


GX7 Mark IIに付けるとこんな感じ。バランスの良いサイズです。

高級感や所有感といった点では上位レンズに一歩譲りますが、フォーカスリングの適度な滑らかさやしっかり固定できるフード、金属マウントなど実用上気になる部分で手を抜いている印象はなく、見た目以上に出来の良い物だと感じました。道具としては素晴らしいと思います。

作例

作例と言えるような大層なものはないのですが、このレンズとGX7 Mark IIの組み合わせで撮影した写真を何枚か貼っておきます。

P1010739

P1010728

P1030070

P1010730

気が付いたら夜の写真ばかりになってしまいました。レンズ内手ブレ補正は付いていないのですが、今回のようなボディ内手ブレ補正のある機種との組み合わせはもちろん、いわゆる”標準”の焦点距離ですし適切に扱っていれば無くても良い範囲ではないでしょうか。必要以上の機能を切り捨ててこそのこの軽さや価格だと思えば個人的には好ましいくらいです。

P1010714

P1010702

2通りほど玉ボケのテストをしてみました。F1.7開放では周辺がだいぶレモン型のボケになってしまうので使い所を選びますが、F2.8まで絞れば整った形の玉ボケを得られます。

まとめ

安価なレンズですが実用上で手を抜くべきでない部分はしっかりしており、割り切って使える道具としては納得です。
ここ2ヶ月ほどのブログ記事・寄稿記事用の写真はほぼこのレンズで撮影していますが、十分に役目を果たしてくれています。

使いやすい焦点距離の明るいレンズなので、キットのズームレンズの次に手にする単焦点デビューの1本としても良いかもしれませんね。