Acer、LTE対応の「Chromebook 11 LTE」を発表

2018.01.24 PC・Mac・周辺機器 ライター:__agar

日本エイサーは24日、LTE対応のChrome OS搭載ノートPC「Chromebook 11 LTE」を発表しました。



既にGoogleの「Chrome OS」を搭載するマシンを多数発表している同社ですが、本機種の最大の特徴はLTE通信モジュールを内蔵しNTTドコモの相互接続性試験(IOT)を通過していること。

…と聞くとモバイルマシンとして期待してしまいそうですが、実は「Chromebook 11 LTE」は教育機関向けとして今春に発売予定。LTE対応とした理由は、高額な初期投資を必要とする無線LAN環境への依存度を軽減し、教育現場に導入しやすくするためとのことです。

主な仕様としてはCeleron N3350 1.1GHzに4GBのオンボードメモリ、16GBのeMMCを搭載した、11.6インチWXGA(1366×768)のラップトップPC。
2in1機構は備えず、外部インターフェースはUSB 3.1のType-C端子が2つとUSB 3.0、イヤホンジャック。充電にはType-C端子を利用します。

対応バンドはLTE Band 1/3/19/21/28とW-CDMA Band 1で、SIMサイズはmicro。通信速度は下り最大450Mbpsとされており、Cat.9モデムを搭載していると見られます。なお、SIMロックはかかっていないとのこと。

教育機関向けと分かってはいても、何らかのルートで個人でも購入できれば密かな需要がありそうな1台です。

Source: プレスリリース