日本初公開の「XPS 13」2018年モデルを見てきました #DELLアンバサダー

2018.01.26 PC・Mac・周辺機器 ライター:__agar

GeekDaysは「デルアンバサダープログラム」に参加しています。同プログラムの一環で、1月26日に開催されたDELLの新製品発表会にご招待いただき、日本向けに発表された「XPS 13(9370)」を実際に見てきました。

「XPS 13(9370)」の概要


実機の写真とともに詳細をお伝えしていく前に、まずは「XPS 13(9370)」の概要を簡単にまとめました。

XPSシリーズは、Dellの個人向けノートPCとしては普及機の「Inspiron」シリーズの上位に位置付けられるプレミアムノートPCで、現在は13インチの「XPS 13」、同じく13インチですが2in1機構を備えた「XPS 13 2-in-1」、15インチの「XPS 15」の3機種がラインナップされています。

今回モデルチェンジされた「XPS 13(9370)」は、従来機種の最大の特徴とも言える3辺狭額縁設計による13インチノートPCとしては「世界最小」の本体サイズはしっかり受け継ぎつつ、様々な部分がブラッシュアップされています。

CPUには低電圧版のUシリーズとしては初のクアッドコアとなった第8世代Core iシリーズを採用。ディスプレイはオプションで4K液晶を選択できるようになりました。
このほか、インターフェースの見直しやWindows Helloに対応する赤外線カメラの搭載、従来機には設定のなかったベゼルおよびパームレストをホワイトにした新色「ローズゴールド&アルペンホワイト」の追加などが主な変更点です。

海外ではCES 2018にて発表され、日本では1月26日に国内発表。同時に、直販サイトでの受注が開始されています。

「XPS 13(9370)」フォトレビュー


こちらは従来機に近いデザインの「プラチナシルバー&ブラック」。天板と底面がCNC削り出しで作られたシルバーのアルミ素材、内側のディスプレイベゼルやキーボード周りはブラックでまとめた落ち着いた配色です。


もちろんパームレストにはこれまで同様カーボンファイバーを使用。手触り・質感は変わりなく、素晴らしい仕上がりでした。


そしてこちらが新色の「ローズゴールド&アルペンホワイト」。金属×カーボンという素材選びもあって従来のカラーではどちらかというと男性向けな雰囲気でしたが、そもそものデザインがコンパクトでスリムなXPS 13なので、ホワイトでまとめると洗練されたイメージが強調され雰囲気がガラリと変わりますね。


こちらは天板のカラーがローズゴールドとなっています。従来機でも内側がブラックで外側がローズゴールドのカラーバリエーションがありましたが、新色の組み合わせもよく似合っていると思います。


カーボンファイバーのパームレストもXPS 13の優れたデザインを構成する要素の1つで、白にしたらこのアイデンティティーが失われてしまうのでは?と実機を見るまでは思っていましたが、その懸念はすぐに晴れました。


ホワイトモデルのパームレストはグラスファイバーを編み込んで作られていて、質感的には既存のカーボンファイバーを使ったモデルに迫るクオリティーです。PCを使う上で触れる機会の多い部分だけに白だと汚れや経年劣化による黄ばみなどが気になる方も多いと思うのですが、その点はしっかりUVカット&汚れ防止のコーティングで対策済み。

本機種のデザインに携わったDELLのMac Tanaka氏からは、発表会のプレゼンテーションの中で「1000日使ってみて」とのコメントもあり、鳴り物入りの新色の美しさを保つ工夫には自信がうかがえました。


本体のサイズ感は一見すると従来機種とほぼ変わらないように見えますが、3辺狭額縁のディスプレイ部はさらなる進化を遂げています。以前から狭かったベゼル幅がさらに削ぎ落とされ、なんとわずか4mmになりました。

ベゼルレスならではの画面がそのまま宙に浮いているかのようなインパクトは、新たに選択できるようになった4Kディスプレイとの組み合わせで改めて驚きをもって迎えられるのではないでしょうか。


画面下にWebカメラを搭載する配置は前モデルと同様ですが、Windows 10の「Windows Hello」を利用した顔認証機能のために赤外線カメラが追加されています。

ホワイトモデルでは2つのカメラの周りだけが黒くなっているのでやや目立つ印象ですが、ブラックモデルでは従来機種との外観上の違いを意識することは少ないかと思います。



ポート類の配置に変更があり、USB端子は左右ともにType-Cのみとなりました。


従来のUSB周辺機器や有線LAN、ディスプレイ出力などを利用するには、各種ポートをまとめて追加できる専用アクセサリ「Dell USB-Cモバイルアダプタ DA300」が便利。こちらは近日発売予定です。


XPS 13やスマートフォンなどを外出中に充電できる純正モバイルバッテリー「Dell Notebook Power Bank Plus」も近日発売予定。

市販のモバイルバッテリーでも同じことができる物はありますが、USB Type-Cを用いた充電系アクセサリーは急速充電規格の乱立などによって非常に複雑な状況となっていて、目的の機器で望む性能を発揮できる物を選ぶのが困難なこともまた事実。純正で用意してくれるのはありがたいことかもしれませんね。


↑「XPS 13(9370)」のUSキーボード


↑「XPS 13(9370)」のJISキーボード

「XPS 13(9370)」のキーボードは、JIS配列・US配列から選択できます。発表会では両方のモデルが展示されていたのでキーボードの全体図を撮影しておきました。キー配置の確認などにご活用ください。


↑(参考)「XPS 13(9350)」のJISキーボード

JIS派の筆者としては、これまでのXPS 13に感じていた不満の1つがキーボード右端の列の狭さでした。上の画像は以前お借りした際に撮影した前モデル「XPS 13(9350)」のJISキーボードなのですが、Enterキーなどが妙に細長いのがお分かりいただけますでしょうか。
こちらと比べると、新しい9370のJISキーボードは「@」から右の3列のバランスがいくぶんか改善されたように見受けられたのは嬉しい改良点でした。

まとめ


今のようなベゼルレスデザインに生まれ変わった2015年以降のモデルの中では、今回の「XPS 13(9370)」は最も大きな改良が施されたモデルではないでしょうか。

4Kディスプレイや4コアCPUの搭載、冷却効率の向上といった性能面の進化、新色追加やさらなる狭額縁化で磨きのかかったデザインなどの今回紹介した部分以外にも、約4.3m離れた場所からでも音声認識機能を利用できる高性能マイクやHDRコンテンツのサポートなど時代に合った魅力的なアップデートが行われています。

USB Type-Cへの完全移行ということで「やっぱり前モデルを買っておこうかな」という方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも選ぶメリットの大きい新モデルだと個人的には思います。店頭展示などが始まりましたらぜひ一度ご覧になってみてください。

「XPS 13」ファーストインプレッション #DELLアンバサダー

「XPS 13」を1ヶ月試用してみて #DELLアンバサダー

なお、当サイトでは前モデルの「XPS 13(9350)」を試用したレビュー記事も掲載しております。ご興味のある方はこちらもどうぞ。