シンプルなスライドオープンの名刺入れ「ABITAX 8723 Card Case」レビュー

2018.02.09 雑記 ライター:__agar

最近、ブロガーイベントなどでお渡しできるようなブログ用の名刺を作ったのですが、仕事用の名刺入れはあるけれどこっちの名刺は何に入れようかな、と探していたところシンプルながら良さそうな物を見つけたので買ってみました。



今回購入したのはABITAXの「8723 Card Case」という製品です。

先に断っておくと、単純な素材の高級感とは別の”良いもの感”はあるのですがあくまで樹脂製のカードケースなので、年齢・身分相応の高級感を小物にも必要とするようなフォーマルなシーンには向かないでしょう。

もっとも、私の今回の用途的にはちょっと外した面白い物が欲しかったので大歓迎なのですけれどね。プライベート用であったり、実は名刺に限定した製品ではないのでクレジットカード・ポイントカードなどを入れる純粋な「カードケース」として選ぶのも良いと思います(公式サイトでもPASMOを入れた写真などが載っています)。


「8723 Card Case」には、全12色のカラーバリエーションがあります。私が選んだのはシンプルなホワイトです。


外観は特に変わった装飾はないシンプルなフォルムです。光沢のある素材ですが、UVクリア塗装で仕上げられているのでポケットや鞄からの出し入れを繰り返しても意外と傷は付きにくく、綺麗な状態を保ちつつ使えます。


側面にはワンポイントで「ABITAX 8723」の印字が入っています。主張しすぎずデザイン上もおしゃれですし、シンメトリーな形状でやや向きの区別が付きにくいところを「ロゴが入っている側が取り出し口」と覚えておけば実用上も良い目印になります。


弧を描いた断面となっていて、カーブに沿って蓋をスライドさせて開閉できます。

本商品を取り扱っている販売店のアシストオンさんによるデザイナーの山口和馬氏へのインタビューによれば、一般的な直線のスライドレールではなくこのカーブを描いたレールとすることで高い剛性が得られ、スムーズな開閉に繋がっているとのこと。確かに開閉途中に嫌な引っかかりがなく、非常に使いやすいです。

また、開き始めと開き切ったところの2ヶ所にクリックストッパーがあり、意図せず開いてしまう・閉まってしまうといったことは防がれています。


一般的な名刺用紙(山櫻の「プリンス」を使用)で15枚程度入りました。断面がまっすぐでない分だけ収納枚数は少なめですが、交換した名刺をまめに整理するよう心がけておけばなんとかなる容量ではあると思います(こればかりは使い方・頻度次第ですが…)。


カードケースを横から持ち、フタを親指で押し下げて開ける、そして指を返しながら今度は名刺を上に押し上げて取り出す、という一連の動作が非常にスムーズに決まるので癖になります。


ケース内を見ると、端の部分にカードの滑りを良くするための傾斜の付いた突起が並んでいて、このおかげで最後の1枚まで取り出しやすさが変わらないのも素晴らしい点です。

まとめ


シンプルながら洗練されたデザインと、使い勝手の良さに満足のカードケースです。価格も2,000円台とお手頃なので、名刺入れに限らず様々なカード類の持ち歩きに、用途ごとに違う色を使い分けてみても良さそうですね。