「Galaxy S9/S9+」発表。S8のコンセプトを引き継ぎつつブラッシュアップ

2018.02.26 モバイル ライター:__agar

スペイン・バルセロナで開催中の「MWC 2018」で、サムスンの2018年フラッグシップモデルとなる「Galaxy S9」「Galaxy S9+」が発表されました。



Androidスマートフォンの黎明期より、高性能な機種として知られる「Galaxy S」シリーズ。

ファブレットの「Galaxy Note」シリーズと並ぶサムスンの2大看板の1つである同シリーズの9世代目となる今回の2機種は、本体のデザインやサイズなど昨年の「Galaxy S8/S8+」のイメージを継承していますが、中身を見るとハイエンド機として求められる順当なスペック向上とともに機能面でも新たな要素が盛り込まれています。


特に大きな改良が施されたのはカメラ。一般的に携帯電話に搭載されているカメラのレンズは絞り機構を持たず、開放F値での撮影のみというのが常識となっていましたが、S9/S9+はF1.5・F2.4の2段階で切り替えられるようになっています。オート撮影が重視されることの多いスマートフォンのカメラにおいてどれだけ活用されるだろう?という気はしますが、かなり表現の幅が広がりそうですね。


カメラ関連ではもう1つ大きなトピックがあり、一回り大きな「Galaxy S9+」限定ではありますが、Sシリーズでは初のデュアルカメラ仕様になりました。昨秋に発売された「Galaxy Note8」と同様に、広角・望遠の2つの画角を使い分けながら撮影できます。


また、こちらもシリーズ初となる内蔵スピーカーでのステレオ再生に対応しました。他社がこぞって採用する中、なかなか採用されず密かな弱点となっていたスピーカー機能。イヤホン・ヘッドホンや外部スピーカーを使わずに音楽・動画を再生することが多い方にとっては嬉しい改良点でしょう。


ソフトウェアの面から見ていくと、アピールされている新機能の1つとして「AR Emoji」というものがあります。言ってしまえばiPhone Xの「Animoji」のような機能で、ユーザーの表情をアバターに反映し、それを使ったやり取りが楽しめます。

生体認証機能はS8/S8+と同様、虹彩認証・顔認証・指紋認証の3種類が搭載されていますが、これらをより有効活用できるように進化。

昨年モデルでは虹彩認証・顔認証を同時に設定することができずどちらかを選んで使う仕様(指紋認証は同時設定可)であったため3種類の認証方法が用意されているメリットが薄かったのですが、S9/S9+では虹彩認証と顔認証を組み合わせた「Intelligent Scan」という新たな認証方法が利用できるようになりました。


Galaxyシリーズをディスプレイに接続してデスクトップPCのように利用できる「Samsung DeX」は2017年モデルから導入され、話題になった機能です。
2018年モデルでも引き続き搭載され、S9/S9+の発表とあわせて、DeXを利用するための新型アダプタ「DeX Pad」も発表。更なる発展や使い勝手の向上が見込まれます。


S9/S9+ともに、カラーは Lilac Purple / Midnight Black / Titanium Gray / Coral Blue の4色。

Galaxy S9のスペックとしては、SoCは従来同様に2種類用意され、Snapdragon 845またはExynos 9810のどちらかが各市場に応じて搭載されます。
RAM 4GB / ROM 64GBで、ディスプレイは5.8インチ 2,960×1,440(WQHD+)のSuper AMOLED。バッテリー容量は3,000mAhです。

端末サイズは約147.7×68.7×8.5mmで、重量は約163g。幅・厚さ・重量は昨年のS8から微増しており、また外観写真などを見るとディスプレイ左右の曲率も変わっている(カーブが浅くなっている)ようにも見えるので、サイズ感が気になるところですね。


S9+も基本的には同等のスペックですが、ディスプレイサイズがこちらは6.2インチ。解像度は同じくWQHD+です。
サイズ以外の差分としては先に挙げたデュアルカメラに加え、RAMが6GB、バッテリー容量が3,500mAhとそれぞれS9よりも多くなっています。

現時点では日本国内での発売予定は発表されておらず、例年通りであれば各キャリアからの発表を待つ形となるでしょう。先行してサムスン側の公式サイトには日本語での情報が掲載されています。

Source: 公式サイト(グローバル)