au版「Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)」をUQ mobileのSIMで使う方法

2018.02.23 モバイル ライター:__agar

以前、モバイルWi-Fiルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)」を使っていたのですが、回線を解約して使わなくなり、買い取りに出しても大した値段の付く端末でもないのでしばらく放置していました。



すっかりルーターは持ち歩かない生活になっていたのですが、最近旅行に行こうとした際に少し急ぎの用事があって移動中にノートPCで仕事を片付けてしまいたかったもので、ちょうど使う端末が無く余らせていたUQ mobileのデータSIMと先述のHWD34に注目。
実はこの機種はSIMロックフリーで発売されているので、本来想定されているau契約またはUQ WiMAX 2+契約以外のSIMカードを使いたい場合もSIMロック解除の手続きは不要です。

ただし初期状態では該当する接続先が定義されていないため、使用にあたってちょっとした設定が必要です。スマートフォンのAPN設定とやること自体は同じなのですが、HWD34はタッチパネル付きのディスプレイこそ備えてはいるもののすべての設定をルーター単体でできるわけではなく、今回のような新規APNの追加はHWD34に吊るした別の端末から行う必要があります。


まずは使いたいSIMカードをHWD34にセットします。SIMカードサイズはmicroなので、間違ってもnano SIMをそのまま入れてしまったり、変換アダプタを詰まらせてしまうといったことがないようにだけご注意ください。


今回使用したHWD34はau版です。au版・UQ WiMAX 2+版で初期状態が若干異なりますが、使用方法は変わりません。
「プロファイル選択」という設定項目がAPNの設定となりますが、初期状態では「Internet」という名前が付けられた非公開APNだけが入っています。SIMロックがかかっていないとはいえあくまでキャリアの端末なので、本来想定されている接続先以外は入っていないのが当然といえば当然ですね。

プロファイルの”選択”は上の写真のようにHWD34本体の操作でいつでもできるのですが、プロファイルを新たに追加する際はHWD34に接続したスマートフォン・タブレット・PCなどからブラウザで管理画面にアクセスして設定を行います。


インターネットには接続されていない状態で構わないので、まずHWD34のアクセスポイントに適当な端末を接続します。接続した端末でブラウザを開いて「192.168.100.1」と打ち込めば管理画面が開けます。

管理画面のパスワードは接続時のパスワードとはまったく別の物なので、「設定した覚えがない!」という方も少なくないでしょう。出荷状態でのパスワードはIMEIの下5桁となっているので、端末の裏面にある刻印を参照してみてください。

余談ですが、IMEIはHWD34の画面上でも確認できるものの、「ルーター本体の操作中は管理画面にログインできない」という縛りがあるのでそちらでの確認よりは端末の裏面や箱などを見ながら入力した方がスムーズかと思います。


入力する項目は一般的なAPN設定と同様です。今回はUQ mobileのSIMを例にしていますが、使いたいSIMに応じて、SIMカードの台紙や各社の公式サイトなどに書かれているAPN情報を参考に入力しましょう。


プロファイルの追加は以上で完了です。HWD34本体の「プロファイルの選択」画面を開き、正しくプロファイルが追加されたことが確認できたら、あとはそちらを選択するだけでOK。

まとめ

対応バンドの都合上、docomo網・SoftBank網を利用するSIMでの運用にはあまり適しませんが、au系のSIMとSPEED Wi-Fi NEXTシリーズの組み合わせは意外と使い所があるかもしれませんね。

端末自体もかなり安く流通していますし、通信量制限などの違いはあれど正攻法で持つよりもランニングコストも抑えられるので、あまり使用頻度は高くないけれどモバイルルーターを持っておきたいといったケースであれば役立つ使い方かと思います。