docomo端末の「SPモード以外の通信を行います」通知を止める方法

2018.03.05 雑記 ライター:__agar

docomo発売のスマートフォン・タブレットをMVNOで使用している場合、不必要な通知が定期的に表示されることがあります。一見それらしい設定項目は見当たらないのですがしっかり止められる設定があるのでチェックしてみてください。

「SPモード以外の通信を行います」という通知が定期的に出てくる


docomoから発売されている端末をMVNOのSIMで運用している場合、「SPモード以外の通信を行います」という通知が定期的に表示される場合があります。特に使用に影響はありませんし通常通りスワイプで消せる通知ですが、その都度消すのは面倒、という方も多いはず。以下の設定でこの通知を止めることができます。

設定方法

※以下のスクリーンショットは、2017年夏モデル「Galaxy S8 SC-02J」のものです。発売時期やメーカーによっては画面構成が異なることも考えられますので、適宜読み替えてください。


まずは設定アプリを開き、「ドコモのサービス/クラウド」を選択。


続いて「ドコモアプリ管理」を選択します。


ドコモアプリのアップデート画面が表示されたら、右上のメニューボタンをタップ。


出てきたメニューの中から「通知/自動アップデート設定」を選びます。


国内設定の「定期アップデート通知」におそらくチェックが入っているので、こちらをオフにすれば設定完了です。

一見すると通知の内容と関係ない設定項目のように見えますが、この設定で止められる理由としては以下のような流れで「SPモード以外の通信を行います」という通知が表示されているためです。

ドコモアプリのアップデートを定期的に通知する設定になっているので、アップデートを確認するためにバックグラウンド通信が発生する

MVNO回線で使っている=SPモード以外のアクセスポイントを通って通信している

高額な通信料の発生などを避ける注意喚起のため、「SPモード以外の通信を行います」と通知

つまり、アップデート確認を行ったタイミングであの通知は表示されていたというわけですね。

ちなみにこれらの一連の動作は「docomo Application Manager」というプリインストールアプリによるものなので、ドコモアプリ自体がすべて不要であればこのアプリを無効化する方法でも通知を止められます。ただしスマートフォン上での操作では無効化できないようになっているアプリなので、こちらを無効化するためにはADB(Android Debug Bridge)を利用できる環境が必要です。