PC上でスマホの通知確認やミラーリングが可能に!「Dell Mobile Connect」を試す

2018.03.18 Mac・PC ライター:__agar

2018年1月以降に発売されるDELLのPCにプリインストールされる新機能、「Dell Mobile Connect」を実際に使ってみましたので使用感をお伝えします。



Dell Mobile Connectは、スマートフォンとPCをBluetoothで接続し、スマートフォンの通知の確認や、通話・SMSの操作をPC上で行える機能です。また、Androidスマートフォンとのペアリング時に限り、Wi-Fi Directでの画面ミラーリングにも対応。

2018年1月以降発売の「XPS」「Inspiron」「Vostro」シリーズの各機種にプリインストールされ、それ以前に発売された機種での動作は現状ではサポートされていません。スマートフォン側はAndroid 5.0以降およびiOS 10以降の機種が対象となっています。

利用方法


まずはPC側のツールを起動し、Android / iOSどちらの端末に接続するか選びます。


続いてスマートフォン側アプリを起動。画面の指示に従ってアクセス権限の付与などをしていくと、ペアリング用のコードが表示されます。


スマートフォン上にコードが表示されたらPC側の入力欄にそのコードを入力し、次へ。


しばらく待つと接続が完了し、上のような画面に切り替わります。


スマートフォン側にも接続中の通知が出ていれば、正しく接続されています。

機能


起動直後の画面はこのように、スマートフォンに今入っている通知のリストが表示され、左側のタブで各機能を呼び出せるようになっています。

また、接続中のスマホに新しい通知があった場合はPCのディスプレイ右上にも表示されます。


電話の発信(ダイヤルまたは電話帳)とSMSの送受信はPC上で操作できレスポンスも良好。

ただ、例えば「通知を見たらLINEのメッセージが届いていた」といった場合など、実際にはこれ以外の機能をPC上で利用したい場合もあると思います。そこで便利なのが、もう1つのミラーリング機能です。


こちらのモードではスマートフォンの画面がそのままPCに表示され、操作ももちろん可能。今回はタッチパネル搭載モデルの「XPS 13(9370)」で試しましたが、タッチパネル付きの機種ではマウス・タッチパッドだけでなく画面を直接タッチしてもミラーリング中のスマホを操作できるので、タッチ操作での利用を前提としたスマートフォンのUIでも無理なく使えます。

ミラーリング時はBluetoothではなくWi-Fi Directでの接続となりますが、レスポンスはあまり良くないので過度の期待は禁物。文字入力やスクロールなど反映が遅れることが多い印象でした。ちょっとした情報の確認・返信程度の使い方が良いでしょう。

まとめ


ミラーリング機能はやや使い所を選ぶものの、Bluetooth接続での通知や通話・SMSの連携機能はとても便利でした。設定しておけばPCでの作業中でもスマートフォンの通知に気が付きやすくなりますし、マルチデバイス非対応のサービスを使っている場合などは特に重宝するのではないでしょうか。