Amazon、スマートスピーカー「Echo」シリーズの一般販売を開始。各種割引も実施中

2018.03.30 VR・AR・IoT ライター:__agar

Amazon.co.jpは、昨年11月より日本国内では招待制でスタートしていたスマートスピーカー「Echo」シリーズの販売を、事前の招待リクエストが不要な一般販売に切り替えました。一般販売分の出荷開始は4月3日以降となります。



Echoシリーズは、Amazonの開発した音声アシスタント「Alexa」を搭載するスマートスピーカー。日本での現状のラインナップは、標準モデルの「Echo」と小型で安価な「Echo Dot」、家電製品などを操作するためのスマートホームハブを内蔵した「Echo Plus」の3機種です。

アメリカでの発売当初も同様の招待制であったほか、その後も言語圏の異なる各国での発売時には日本と同様、最初の数ヶ月は招待制でスタートしてから一般販売へ移行されています。おそらくユーザーからのフィードバックを元にした日本語版Alexaの品質向上や、日本向けの「Alexaスキル」などの機能拡充がある程度進み、一般向けの製品として売り出せる段階に達したのでしょう。


通常価格は「Echo Dot」が5,980円(税込、以下同)、「Echo」が11,980円、「Echo Plus」が17,980円。スマートLED照明「Philips Hue」やTP-Link製のスマートプラグとのセット商品も用意されています。


一般販売の開始と合わせて、いくつかの割引施策も実施。最も安い「Echo Dot」は、4月2日23時59分までに注文すると1,500円引4,480円で購入できます。

「Echo」は2つ同時に買うと3,000円引き、「Echo Plus」はPhilips Hueセット(通常価格21,294円)が単品と同じ17,980円と、3機種それぞれに何らかの割引があるので購入を考えていた方や招待を待っていた方は今がチャンスではないでしょうか。