A10 Fusionチップ搭載、Apple Pencilにも対応した新型「iPad」が登場。約4万円から

2018.03.28 ニュース ライター:__agar

Appleは3月27日、教育関連にフォーカスした発表イベント「Let’s take a field trip.」を開催。同イベントにおいて、9.7インチの新型「iPad」を発表しました。



今回の新型はハイエンドの”Pro”シリーズではなく、2017年3月に発売された「iPad(第5世代)」の後継機種です。教育関連のイベントでの発表となったことからも伺えるように、廉価版iPadは学校や企業などへの一括導入を狙う上で、Appleにとって非常に重要な存在となっています。


2017年モデルと同様に9.7インチのRetinaディスプレイを採用。デザインやサイズをはじめとして多くの部分は前モデルの仕様を踏襲しているものの、大きなアップグレードが行われた個所が2つあります。

まず1つは処理能力の向上。SoCは2017年モデルで搭載していたApple A9から、iPhone 7 / iPhone 7 Plusと同等の「Apple A10 Fusion」に刷新され、A10X Fusionを搭載するiPad Pro 10.5 / 12.9との性能差が1世代分縮んでいます。


そして、従来はPro系のみで利用できたApple Pencilにも対応。iPadを使ってメモやノートを取ることもできるようになり、廉価版iPadで想定されている利用シーンを考えるとかなり活用の幅が広がりそう。もちろん個人で購入する上でも、例えば「Apple PencilのためにiPadが欲しい!」という絵描きさんなどにとってはかなり購入のハードルが下がる魅力的なアップデートではないでしょうか。


価格帯の違いも考えるとProのシェアを奪ってしまいそうなくらいの進化ですが、そこはあくまで廉価版。Proと比べると省略されている機能もいくつかあります。

まず、Smart Keyboardのためのコネクタは第5世代と同じく用意されません。一見よく似たキーボード付きの画像も公式サイト内に掲載されていますが、これはあくまでBluetoothキーボードと組み合わせた活用方法を紹介したものなのでご注意を。

また、ディスプレイには広色域や反射防止コーティング、TrueToneなどの技術は使われていないので、鮮やかな表示や画面の見やすさを重視する方は実機を確認してからの方が良さそうですね。細かい部分で言えば、内蔵Apple SIMもProのみとなっています。


A10 Fusion搭載とApple Pencilへの対応という魅力的な改良が施されながらも、価格はあくまでリーズナブル。

容量は32GB / 128GBで、双方にWi-Fiモデルとセルラーモデルを用意した計4モデルを展開し、カラーはシルバー / ゴールド / スペースグレイの3色。最安の32GB Wi-Fi版で37,800円から購入できます。

Source: 公式サイト