SpigenのGalaxy S9用ケース「リキッド・クリスタル」をレビュー。薄型でも360度しっかりガード

2018.03.15 その他レビュー ライター:__agar

サムスンの最新フラッグシップモデル「Galaxy S9」を購入したので、最初の保護ケースとしてSpigenの「リキッド・クリスタル」を用意しました。発売されたばかりのGalaxy S9に早速装着してみた写真もあるので、ケース選びに迷っている方はぜひご覧ください。



Spigen製品ではお馴染みのオレンジと黒のパッケージに入って届きました。なお、リキッド・クリスタルには透明な「クリスタルクリア」と不透明・つや消し仕上げの「マットブラック」の2色があり、今回レビューするのはマットブラックです。


執筆時点ではGalaxy S9は国内未発表・未発売ですが、SpigenのS9/S9+用ケースは早くも定番製品の多くがAmazon.co.jpに並んでいます。有名どころのメーカーのケースではほぼ最速で入手できたのが今回の決め手でした。


Spigenのラインナップにはこのリキッド・クリスタル以外にも数種類のTPUケースがあり、本製品はその中では比較的厚さを抑え(と言っても一般的な薄さ重視のケースよりは厚いですが)本体のサイズ感を活かせる操作性とのバランスを重視したタイプです。


薄型といっても「シン・フィット」や「エアー・スキン」ほど薄さや軽さに特化した作りではなく、内側には「ネオ・ハイブリッド」や「ラギッド・アーマー」などの保護性能を重視したタイプでよく見られるクモの巣状の衝撃吸収加工も施されています。


Galaxy S9に装着してみると、前面はこのようになります。

落下の衝撃からディスプレイを守るためにケースの縁がフロントパネルより高くなっていますが左右部分は低めになっていて、さらにエッジスクリーンの傾斜に近い角度で斜めにカットされているので操作性への影響は少ないです。


背面は特に装飾などもなくシンプルなデザイン。手触りはラギッド・アーマーなどに近く、サラサラしています。


Spigenロゴは側面に。クリアタイプ以外では背面に入っていることが多いイメージだったので少し控えめで寂しい気もしますが、目立ちすぎず人を選ばないデザインとも言えますね。

まとめ

筆者はこれまでにもSpigenのケースには度々お世話になっていて、薄型軽量を突き詰めた「エアー・スキン」(特に6s世代のものが素晴らしかったです)や一見TPUケースには見えない格好良いデザインで多くの機種向けにラインナップされている「ラギッド・アーマー」など、薄型路線のものにも保護力重視のものにもそれぞれいくつか気に入っているモデルがあります。

今回の「リキッド・クリスタル」は初挑戦だったのですが、サイズ感と保護性能のバランスが良くおすすめしやすいモデルだと感じました。「Spigenのケースの評判はよく聞くけれど、ウルトラ・ハイブリッドやラギッド・アーマーはゴツくてちょっと……」という方はぜひこのモデルから試してみてください。