スマホ以外からも使える!Webブラウザ上で「Amazon Echo」シリーズを操作する方法

2018.04.06 VR・AR・IoT ライター:__agar

スマートスピーカーのセットアップや設定、操作にはスマートフォン上の専用アプリを使うのがお決まりのパターン。しかし、AmazonのEchoシリーズには別の方法でもアクセスできるようになっています。



Amazon Alexa

使い方は簡単で、PCやタブレットなど任意の端末のWebブラウザでこちらのページにアクセス。Amazonのアカウントでログインするだけです。もちろんAmazon公式のページですのでご安心ください。


ログインすると、レイアウトの違いはあれどアプリ版とほぼ同じ項目が表示されていることが分かります。リマインダーやアラームの設定、音楽再生や「Alexaスキル」と呼ばれる追加機能の管理など一通りの操作がブラウザ上でもできます。上のスクリーンショットはPCから見たものですが、管理画面にアクセスできる環境であればスマートフォンやタブレットなど他の機器からも使えます。


Alexaスキルストアなどはむしろアプリ版より見やすいぐらいですね。動作が遅すぎるといったことも特にありません。

一部、ブラウザ版では使えない機能もあり、複数の機能をまとめて実行するためのコマンドを自由に作れる「定型アクション」などはアプリからのみ設定できます。


ブラウザ版でないと出来ない操作はありませんが、アプリだけでなくこちらの方法も知っておくと便利な場面は少なくないと感じました。

例えば、PCで作業しながらEchoシリーズでBGMを流している時など、一々スマートフォンを手に取らずとも管理画面を開いてすぐに操作できます。リマインダーの確認などもスマートフォン以外から出来て便利ですね。もちろんスマートスピーカーなのですから音声で操作すれば良いのですが、手が離せない場面だからこそ声で指示を出すわけでもあり、誤認識されてしまった時の手間が減るのはありがたいところです。


ちなみに、今回は事前にスマートフォンアプリからEcho Dotをセットアップしてあったので試していませんが、新しいデバイスのセットアップもブラウザ上で出来るようになっています。

ここで紹介した管理画面は日本版(Amazon.co.jp)なのでセットアップできるデバイスは国内で販売されている機種だけ……かと思いきや、なぜか「Tap」も表示されていますね。次はこれが出るのかな……?

まとめ


Amazon Echoシリーズの設定や各種操作は、Android / iOSのAlexaアプリからだけではなくWebブラウザ上でもできます。スマートスピーカーで出来ることが増えるというわけではないものの、知っておくと役立つ場面もありそうな小技です。