2018年4月のまとめ

2018.04.30 運営 ライター:__agar

こんにちは、あがー(@__agar)です。
本記事は、4月のGeekDaysの人気記事や他サイトで私が書いた記事の紹介、近況報告などをする月末恒例のまとめ記事です。よろしければご覧ください。

最近の持ち歩きガジェット

今月は特にこのコーナーでお知らせすることもないので、2018年4月末現在の筆者の持ち歩きガジェットでも紹介しておこうかと思います。


・スマホ(メイン):Essential Phone PH-1

まだレビュー記事は投稿していませんが、最近購入して主に使っているスマートフォンです。

中身的にはPure Androidに近い方が好みな筆者としてはしっくりくる物ですし、写真などからイメージしていたよりも質感や持ち心地が良く好印象。タッチパネルの感度やスクロールの挙動にやや癖があったり、最近のハイエンド機としては期待外れなカメラ性能だったりと正直100点とは言えないまでも、これで5万円ほどで買えてしまうのであれば悪い買い物ではないなと思います。最近では公式サイトからの購入でも日本への発送に対応したそうですね。


・スマホ(サブ):Galaxy Note8 PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition

白いNote8。かっこいいです。

「Galaxy Note8 PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition」フォトレビュー


・PC:XPS 13 (9370)

購入早々に文鎮になってくれたり、タッチパッドが使いにくかったりと手放しに褒める気はしないものの、このPCを使い始めてから「今日は確実にPCを使う」という用が無くてもとりあえず持って行くという日は増えました。

アルミとカーボンファイバーで構成された高級感のある11インチクラスの薄型筐体に、13.3インチ4Kディスプレイと4コア8スレッドの「Kaby Lake Refresh」プロセッサを中心としたシステムが収まったポータビリティーとパフォーマンスのバランスは素晴らしく、これだけでも使う価値を感じられます。

4K液晶搭載の高性能モバイルノート「XPS 13(9370)」を買いました


・周辺機器:MX ERGO

親指タイプのワイヤレストラックボールです。大量の画像ファイルを捌くことが多いので、先述のように不満のあるXPS 13のタッチパッドでは話にならずほぼいつもセットで持ち歩いています(ThinkPadならトラックポイントで十分作業できるのですが……)。「外でトラックボール?」と思われるかもしれませんが、置き場所を選ばない分マウスより有利なシーンも少なくありません。

親指トラックボール「MX ERGO」を約1ヶ月使ってみて


・イヤホン:WI-1000X

SONYのネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。音質にも満足していますし、ノイズキャンセリング機能や有線でも使える仕様など使い勝手の良さから手放せません。

ネックバンド型はあまり夏には使いたくないな、と思っているので、これからの季節は何を使おうか最近少し迷っています。

ノイズキャンセリング機能付きBTイヤホン「WI-1000X」レビュー


・モバイルバッテリー:Anker PowerCore Fusion 5000

電源プラグを内蔵していて単体で充電できるモバイルバッテリー。電源を取れる場所ではACアダプタとしても使えますから、これとケーブルだけ持っておけば充電関係の荷物を減らせる便利なアイテムです。

「Anker PowerCore Fusion 5000(レッド)」レビュー


2018年4月現在の持ち歩きガジェットはこんな感じでした。また機会があれば(月間まとめ冒頭のネタが尽きたら)最新のものをご紹介します。

今月の人気記事

4月1日から4月29日までのPVをもとに、今月GeekDays内でよく読まれていた記事をピックアップしました。


3位:Google HomeのBluetooth機能は意外と便利!音声で接続/切断が可能

3位はGoogle HomeのTips記事。約半年前の記事ですが未だに読まれています。やはりスマートスピーカー関連は勢いがあるということでしょうかね。

Google謹製のハードウェアと言えば、最近はメッシュネットワーク対応の無線LANルーター「Google Wifi」もついに日本上陸して話題ですね。少し気になっています。

Google HomeのBluetooth機能は意外と便利!音声で接続/切断が可能


2位:中古のThinkPad X230を購入して遊んだ覚え書き(2017/1)

2位はThinkPad関連の記事。X280が発売された今ではもう5年前の機種ということになりますが、まだX230の人気は根強いようですね。

中古のThinkPad X230を購入して遊んだ覚え書き(2017/1)


1位:「Galaxy S9(SM-G960F)」レビュー。海外版S9を1ヶ月使って感じた長所と短所

1位は最新機種「Galaxy S9」のレビュー記事。S8と比較した目新しさはありませんが完成度の高い機種でした。おそらく今後国内での発表・発売もあるでしょうし、夏モデルの購入を考えている方はぜひ参考にお読みください。

「Galaxy S9(SM-G960F)」レビュー。海外版S9を1ヶ月使って感じた長所と短所

「Hello Moto!」のまとめ

Motorolaファンブログ「Hello Moto!」の活動報告です。4月は4本の記事を公開しました。

「Moto G6」シリーズ3機種が正式発表。199ドルから

エントリーモデル「Moto E5」シリーズ3機種が正式発表


ミドルレンジの「Moto G6」シリーズ3機種と、ローエンドの「Moto E5」シリーズ3機種が19日に発表されました。各シリーズについてのニュース記事です。

「Moto G6」「Moto E5」シリーズ6機種は何が違う?できるだけシンプルにまとめてみた


こちらは、上記のローエンド~ミドルレンジだけで6機種という複雑なラインナップを、各機種の違いにフォーカスしてまとめた記事です。

Moto Z3 Play(XT1929)のリーク・認証情報まとめ


その次の動きとして、Moto Zシリーズの2018年モデルもリーク情報や認証情報が出始めています。4月の初めの時点で判明している情報をまとめました。

寄稿記事まとめ


モバイル総合情報メディア「モバレコ」にて、4月は以下5本の執筆記事が公開されました。

Huaweiの「nova 2」と「nova lite 2」を試用する機会をいただき、個人的にはnova 2が特に好感触でした。旧モデルの「nova」を昨年購入した際に、ミドルレンジの機種とは思えないほど作り込まれた質感の良いボディーに、悪く言えば“安物”というイメージを持っていたHUAWEIのスマートフォンを見直したのですが、その作りの良さとバランスの良い扱いやすいサイズ感はnova 2にもしっかり受け継がれているなと感じました。中身的にもスペックはそれなりでもライトユーザーなら十分満足できそうなレベルですし、SIMロック解除済の白ロムなども含めて安く買える機種なのでおすすめできます。

HUAWEI nova 2 / nova lite 2を徹底比較!いったいなにが違うの? 実際に使い比べてみた

HUAWEI nova lite 2の価格・値段を徹底比較 購入前に最安値をチェック!

AQUOS sense liteの価格・値段を徹底比較 人気のSIMフリースマホを最安値でゲット!

「AQUOS sense lite」の口コミ・評判!防水やおサイフケータイに対応したシャープ製SIMフリースマホ

3万円前後で買える評判のいいミドルスペックのSIMフリースマホを厳選紹介



ITmedia「ねとらぼ」内の乗りもの専門情報サイト「ねとらぼ交通課」にて、4月は以下14本の執筆記事が公開されました。

今月はニューヨークモーターショーと北京モーターショー関連のニュースが中心です。

うぉ、かなりワイルドないい顔つき! トヨタ、「RAV4」を日本市場で復活 2019年春発売へ

もっとエグいハイパワー版登場 マセラティの高級SUV「レヴァンテ・トロフェオ」、存在感ありすぎ

おぉぉ想像以上にかっこいい ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開

1000馬力の怪物SUVも、低価格帯も EVスタートアップのSF Motorsが発表、戦略的新型車「SF7」「SF5」とは

まるで初代バーチャファイター 斬新ポリゴンデザインの超高級SUV「Karlmann King」がすごい

超絶にカッコいい…… BMW、PHVスポーツカー「i8」に初のオープンモデル、価格は2231万円

なんとも迫力ある面構え…… レクサス、北京モーターショーでの新型車発表を予告

日産、北京モーターショーで新型EVの発表を予告 自動運転コンセプトカー「IMx KURO」なども出展

EVになると「あのブタ鼻」もちょっと変わる 人気SUVのEV版、BMW「Concept iX3」を公開

何このカタチ、内装もすごすぎ ベンツの最高級ブランド「マイバッハ」もモンスターSUVを公開

あのモンキーが待望の復活!! かわいすぎるっ! ホンダのミニバイク「モンキー125」登場

都営バス、初の燃料電池バス量産車「SORA」を3台導入 2018年3月から運用開始

「耳ツンある?」「名古屋-大阪間のルートはいつ決まる?」 JR東海が「リニア中央新幹線」特設サイトをオープン、詳細FAQも

「超でっかいドクターイエロー」が来るよ~ 「プラレール博 in TOKYO」4月27日から開催

まとめ


今月の執筆記事数は「GeekDays」でこの記事を含め34本、「Hello Moto!」で4本、寄稿分が19本の計57本でした。

公開本数ベースでは普段よりやや少なかったのですが意外と忙しく、今月買ったはいいもののまだ記事にしていない物などもいくつかあるので、来月以降ご紹介していければと思います。今後ともGeekDaysをよろしくお願いします!