MX ERGOの携帯用に「co2CREA」のハードケースを買ってみた

2018.05.30 PC・Mac・周辺機器 ライター:__agar

Logicoolの親指トラックボール「MX ERGO」の携帯用に、サードパーティー製の専用ケースを購入したのでレビューします。



最近はDELLのモバイルノートPC「XPS 13」とセットで「MX ERGO」を持ち出すことが多いのですが、使いやすいトラックボールではあるものの携帯性にはやや難があります。


MX ERGOの底面にはマグネットで固定された金属プレートがあり角度を2段階で調整できるようになっているため、そのままバッグに放り込むと他の物に引っかかったり、出し入れする際に指を挟みそうになったり、余分にスペースを取ったりとあまりモバイル向きではない形状です(そもそもモバイル向けのデバイスではないのですが)。また、表面がラバーコーティングされているので、他の物とあまりガチャガチャとぶつかる状態で持ち運ぶのはやや不安でもあります。


そこで今回買ってみたのが、Amazon.co.jpで見つけた「co2CREA」のケース。トラックボールやマウスはもちろん、シェーバーや血圧計などあらゆる物のケースを作っているメーカーのようで、何でも収納してやろうという熱い心意気を感じます。


ケースのカラーは無難な黒で、汚れにくそうな素材が良いですね。しっかりした作りで潰れにくく出来ています。


ケースを開けてみると、内側にはクッションが敷き詰められ、柔らかな起毛素材で覆われています。新品状態ではやや独特のにおいがあるので、気になる方は消臭したりしばらく放置してから使い始めた方が良さそうです。


いかにもMX ERGO本体を傷付けずに守ってくれそうな作りもさることながら、専用品ならではのサイズや形状も完璧でした。なお、収納時にはMX ERGO本体の傾斜角度は0°(寝かせた状態)にした状態でないと収まらないので注意。


外周のジッパー部分は金具が露出しない構造になっています。出先のPCで使いたいといったケースを除けば、トラックボールを持ち歩く時にはノートPCやタブレットなど他の機器も合わせて持ち歩く場合が多いでしょうし、他の物とまとめてバッグに入れても傷の原因になりにくいのは細かい部分ですがありがたい工夫だと思います。


ぴったりサイズのケースとは言っても、そもそもMX ERGO自体が一般的なマウスなどと比べると比較的厚みのある形状なので、体積以上にバッグの中のスペースを必要としてうまく収納できない、といったケースもあるはず。co2CREAのケースにはストラップが付属しているので、状況によってはバッグの外に吊るしておくという選択もありかもしれません。


参考までに、収納状態でのケースと本体を合わせた重量は、実測で353gでした。

まとめ

「トラックボールを持ち歩く」というユーザー自体がそう多くないのか、そもそもトラックボール用のケースという物自体ほぼ選択肢がないので、このケースを選んだのはほぼ必然と言える状況ではあるのですが、それを抜きにしてもサードパーティー製の1,000円台のケースとは思えないほどしっかりした製品です。複雑な形状の本体によくフィットした形状で、強度やクッション性も申し分なし。MX ERGOをモバイルしたい方なら買っておいて損はないでしょう。