Vivo、ポップアップ式インカメラ搭載のベゼルレススマホ「Vivo NEX」を発表

2018.06.17 モバイル ライター:__agar

中国のスマートフォンメーカー・Vivoは12日、ポップアップ式のインカメラや画面埋め込み型指紋センサーを採用し、91.24%の画面占有率を実現した新型スマートフォン「Vivo NEX」を発表しました。



中国国内で3位、世界全体で5位のシェアを持つVivoは、OPPOやOnePlusなども擁する歩歩高グループの一角。最近では、世界初の画面埋め込み型指紋センサーを搭載する市販スマートフォン「Vivo X20 Plus UD」(関連記事)を送り出すなど、先進的な取り組みでも存在感を増しています。


今回発表された「Vivo NEX」の最大の特徴は、画面占有率91.24%の“4辺狭額縁”と言っても良いであろう徹底したベゼルレス設計。既に同社が製品化に成功している画面内指紋認証だけでなく、使用時のみ側面からせり出すポップアップ式のインカメラや、受話口を設けずに画面全体をレシーバーとして機能させる技術を採用することによって、フロントパネル上からディスプレイ以外のスペースを必要とするパーツの多くを取り除くことに成功しました。

また、画面内指紋認証は従来方式の指紋認証と比べると速度や精度の面でまだ課題が残されていることも事実ですが、これまでに発売した「Vivo X20 Plus UD」および「Vivo X21 UD」に搭載された物よりも性能の向上を図った旨も説明されています。


主なスペックをまとめると、Snapdragon 845 / RAM 8GB / ROM 128GBまたは256GBで、ディスプレイは6.59インチ 2,316×1,080(FHD+)の有機EL。
バッテリー容量は4,000mAh、出荷時のOSバージョンはAndroid 8.1です。サイズは約162×77×7.98mm、重量は約199g。

アウトカメラは約1,200万画素+500万画素、インカメラは約800万画素。カラーバリエーションは ブラック / レッド の2色です。

Source: Vivo(1), Vivo(2), Vivo(3)