Anker、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「Zolo SonicG」を発売

2018.07.13 VR・AR・IoT ライター:__agar

スマートフォンアクセサリーなどでおなじみのAnkerから、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「Zolo SonicG」が発売されました。



主にオーディオ製品を扱っているAnkerのサブブランド「Zolo」から登場した今回の製品。機能的には、Googleの音声アシスタント機能「Googleアシスタント」を採用したごく普通のスマートスピーカーのようです。

Ankerは別ブランドの「Eufy」でAmazon Alexa対応のスマートスピーカー「Eufy Genie」も発売済みで(関連記事)、両陣営の機種を併売している数少ないメーカーの1つとなります。


スピーカーは、最大出力5Wのフルレンジスピーカーを1基搭載。スマートスピーカーでは全方位からまんべんなく聴けるようなスピーカー配置となっている機種が多いのですが、分解図を見る限り、「Zolo SonicG」では正面に向けて配置されています。そこそこの大きさの筐体なのでおそらく内部で反響させてある程度広い方向に音を出すような作りになっていると思われますが、部屋の中心に置いて使うようなケースでは気になるかもしれません。

サイズは約93×68×68mm、重量は約312g。ACアダプターが付属し、バッテリー駆動には非対応。保証期間は18ヶ月です。


主な販売場所は、Anker公式オンラインストア、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど。価格は8,980円(税込)です。

日本で買えるGoogleアシスタント搭載のサードパーティー製スマートスピーカーは、どちらかと言えば高音質志向の高価な製品が多い状況。「Zolo SonicG」は特筆すべき性能・機能を持つ製品ではないものの、「Google Home Miniでは物足りないけれど、Google Homeまで行くと高いな……」というような、純正ラインナップの隙間に入り込む新たな選択肢としては意外と需要があるように思います。

Zolo SonicG | Anker公式オンラインストア