シリーズ15周年記念、ガラホになった「INFOBAR xv」が今秋発売へ

2018.07.12 モバイル ライター:__agar

KDDIと沖縄セルラーは12日、INFOBARシリーズの発売15周年を記念した新機種「INFOBAR xv」を2018年秋に発売すると発表。端末のデザインなど、一部の情報を先行公開しました。

INFOBAR xv


「INFOBAR xv」は、2003年に初代INFOBARが発売されてから、今年で15周年を迎えることを記念したモデルです。今回はスマートフォンではなく、テンキーを備えたストレート型携帯電話となっています。単に“テンキー付き”という括りで見ても、2012年に発売されたテンキー付きスマートフォン「INFOBAR C02」以来6年ぶり。フィーチャーフォンに限れば、2007年発売の「INFOBAR 2」以来、実に11年ぶりの登場です。


(左から、INFOBAR、INFOBAR xv、INFOBAR 2)

デザインはもちろん、プロダクトデザイナーの深澤直人氏によるもの。3色に塗り分けられた特徴的なカラーリング、そして、最初期のコンセプトモデル「info.bar」から目指しつつも実現できなかったという「フレームレスキー」。滑らかなフォルムは、“溶けた飴”をイメージしたINFOBAR 2にも通じるところがあります。

シンプルながら独特の魅力を持った、まさに原点回帰ともいえるデザインの「INFOBAR xv」ですが、中身は最新機種。Androidベースのフィーチャーフォン、いわゆる「ガラホ」と呼ばれるタイプの端末です。

LINEや+メッセージに対応するほか、新たにスマートフォンとの連携機能を搭載。ペアリングしたスマートフォンのGoogleアシスタントやSiriといった音声アシスタント機能を、INFOBAR xvから呼び出せるとのこと。この機種を買うようなコアなユーザーは確かに2台持ちになりそうですよね、お見通しというか何というか……。


現時点で公開されているスペックとしては、ディスプレイは3.1インチ 800×480(WVGA)のTFT液晶。バッテリー容量は1,500mAhで、サイズは約138×48×14.0mm(暫定値)。IEEE 802.11b/g/nとBluetooth 4.1に対応し、最大10台までのWi-Fiテザリング機能も備えます。



カラーバリエーションは、INFOBARの象徴的なカラー「NISHIKIGOI(錦鯉)」と、日本の伝統色を使った「NASUKON(茄子紺)」、新色の「CHERRY BERRY」の3種が用意されます。

Source: KDDI, au Design Project

「Makuake」でクラウドファンディングを実施中


また、発表とあわせてクラウドファンディングサイト「Makuake」での資金調達も開始しました。1口3,240円から支援でき、製品版「INFOBAR xv」の隠し画面への名前のクレジットや、専用ケース、限定オブジェなどのリターンがあります。端末そのものを受け取れるコースはありませんが、その分少額から支援できますし、INFOBARシリーズやau Design Projectのファンの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Source: Makuake