mineoのオプションを解説!通話定額やIP電話、サポートなどが充実

2018.07.30 モバイル ライター:__agar

「mineo」は、関西電力系列のケイ・オプティコムが運営するMVNO。au回線の「Aプラン」とdocomo回線の「Dプラン」、SoftBank回線の「Sプラン」という3社のネットワークが選べることが特徴です。家族や友達同士で余ったデータ容量を譲ることができる「パケットギフト」や全ユーザーで余ったデータ容量を融通できる「フリータンク」、ユーザーコミュニティサイトの「マイネ王」など、一風変わった便利なサービスが揃っています。



この記事では、mineoのオプションサービスについて解説します。さまざまなオプションが用意されていますが、特に通話関連のオプションがかなり充実しています。10分かけ放題や通話定額といった通話料金を安く抑えるためのオプションに加えて、三者通話や迷惑電話撃退サービスなども用意。豊富なオプションをジャンルごとに整理しました。なお、基本料金のみで利用できる無料サービスについてはリストアップしておりませんのでご了承ください。

通話系

オプション名料金(月額)
mineoでんわ 10分かけ放題850円
通話定額30840円
通話定額601,680円
スマート留守電290円
三者通話サービス200円
迷惑電話撃退サービス100円
LaLa Call100円

mineoでは、通話料を安く抑える方法がいくつか用意されています。1回10分以内の電話を繰り返しかけるのであれば「mineoでんわ 10分かけ放題」がおすすめ。専用アプリを使って発信する必要はありますが、通常通話と変わらない音質で利用できます。電話をかける頻度は低いけれど1回あたりの通話が長くなりがちな方は、30分/60分の無料通話が付く「通話定額」が良いでしょう。

また、IP電話でも構わないようであれば、基本料金100円/月で通話料が携帯電話宛てなら8円/30秒、固定電話宛なら8円/3分の「LaLa Call」を利用するのも1つの方法です。IP電話なので通常はデータ容量を消費しますが、mineoとLaLa Callをセットで契約すると、特典として通話分の容量を消費せずに利用できます。

通話料の割引も大切ですが、機能もチェック。留守番電話の内容をメールやSMSで確認できる「スマート留守電」、3人で同時に会話できる「三者通話サービス」、迷惑電話やいたずら電話がかかってきた際にガイダンスを流す「迷惑電話撃退サービス」といった便利な機能が揃っています。

保証・サポート系

オプション名料金(月額)
端末安心保証サービス370円
持込み端末安心保証サービス500円
安心フィルタリング350円
安心バックアップ500円
メールウイルスチェックサービス200円
ウイルスバスターモバイル月額版270円
スマホ操作アシスト500円
訪問サポート9,000円~/回

端末の故障や破損に備えた保証サービスは、mineoで購入した端末用の「端末安心保証サービス」と他社で購入した端末を持ち込んで使う場合の「持込み端末安心保証サービス」を用意。月額料金はそれぞれ異なります。

Webフィルタリングやクラウドへのデータバックアップ、「@mineo.jp」のメールアドレスで使えるウイルスチェック機能など、より安心して使うためのオプションサービスも揃っています。また、困った時のためのサポートは、オペレーターが画面を見ながら遠隔でサポートする「スマホ操作アシスト」と、自宅に訪問して手助けを行う「訪問サポート」の2通りの方法を用意しています。

エンタメ系

オプション名料金(月額)
AWA889円
ANiUTa556円
U-NEXT990円
雑誌読み放題 タブホ480円

エンタメ系のオプションとしては、4種類の外部サービスと提携。定額制音楽配信サービスの「AWA」とアニソンに特化した「ANiUTa」、映画やドラマが見られる「U-NEXT」、雑誌が定額で読み放題の「タブホ」が提供されています。

オプションパック

オプション名料金(月額)
mineo安心パック2550円
シニアパック200円
ジュニアパック200円

mineoでは、複数のサービスをセットにしたオプションパックも用意しています。「mineo安心パック2」は、端末安心保証サービスとウイルスバスターモバイルをセットにしたもの。個別で加入すると合計640円/月のところ、550円/月で加入できます。「シニアパック」や「ジュニアパック」は、ユーザー層に合わせたおすすめのアプリ11種をセットにしたもの。初めてスマートフォンを使う方など、まずは色々試してみたいという場合に適しています。

まとめ


mineoでは、通話料を安く抑えられるオプションや、より便利に、あるいは安心して使うためのオプションが揃っています。2ヶ月など長めの無料期間が設定されているものも多いので、まずは気軽に試してみるのも良いのではないでしょうか。

これだけは押さえておきたいポイントとしては、SIMと一緒に端末を購入する場合の「端末安心保証サービス」だけは契約時にしか加入できないので、利用するかどうか予め決めておくことをおすすめします。