HTC、FeliCa対応SIMフリースマホ「U11 life」の単体販売を開始

2018.07.22 モバイル ライター:__agar

HTC NIPPONは、SIMフリースマートフォン「HTC U11 life」の単体販売を、直販サイト「HTC e-shop」で開始しました。



U11 lifeは、2017年のフラッグシップモデル「HTC U11」のデザインや機能を踏襲したミドルレンジモデル。Snapdragon 630 / RAM 4GB のスペックに、側面を握って操作する「エッジセンス」などのU11譲りの機能を搭載しています。

デザインは、ガラスからアクリルへの素材の変更はありつつもU11の「リキッドサーフェスデザイン」にならったもので、一回り小さな5.2インチのディスプレイを搭載します。IP67相当の防水防塵、さらに日本版では、SIMフリー機としては希少なおサイフケータイ(FeliCa)に対応していることも特徴です。

日本では楽天モバイル限定で2018年3月から販売されていますが、今回、直販サイトで端末単体でも購入できるようになりました。また、IIJmio(7月26日)やNifMo(8月上旬)での発売もこれに前後してアナウンスされています。

また、同一ハードでソフトウェアが異なる「Android One X2」もY!mobileから2017年12月に発売されており、こちらは独自UI「HTC Sense」を搭載しないAndroid One仕様です。

「HTC U11+」「Android One X2」フォトレビュー #HTCサポーター


HTC e-shopでの価格は、42,984円(税込)。7月22日時点では、サファイアブルー、ブリリアントブラックの2色は売り切れ、アイスホワイトのみが在庫ありとなっています。

そこそこのスペックで防水やおサイフケータイに対応する手頃なSIMフリー機ということで、タイミング的にフラッグシップモデルの「U12+」に目が行きがちですが、こちらもなかなかアリな機種ではないでしょうか。

HTC U11 life SIMフリーモデル【アイス ホワイト】 | HTC e-shop



余談ですが、楽天モバイルの販売ページには7月22日現在、ブリリアントブラックが“楽天限定色”との記載が残っています。おそらく、楽天モバイルでの販売時点では他にY!mobile(Android One X2)のみが取り扱っていたため、そちらのカラーバリエーションと比較したものかと思われます。HTC e-shopでの単体販売やIIJmio、NifMoでも、3色揃ってのラインナップとなるようです。