シンプルな薄型ケース「elago INNER CORE for GALAXY S9」レビュー

2018.08.15 モバイル ライター:__agar

Galaxy S9(SC-02K)を使い始めてから、ケースはずっとS8時代から愛用していたPITAKAの「MagCase」を使っていたのですが(関連記事)、そろそろ気分転換に他のケースも試してみようかなと家電量販店でケース売場を眺めていたところ、気になる物があったので買ってみました。



今回購入したケースはこちら。「elago INNER CORE for GALAXY S9」です。elagoというアメリカのメーカーの製品で、日本では(株)サンクチュアリが代理店になっています。家電量販店やAmazonなどで取り扱いがあるようです。

メーカーのサイト(https://www.elago.com/)を見てみると、スマホケース以外にも、AirPods用のアクセサリーやオールドマック風のiPhoneスタンドなどなかなか面白そうな商品が並んでいました。興味のある方はぜひ。


このケースにはホワイトとブラックの2色があり、今回はホワイトを選びました。薄型かつ本体のラインにぴったり沿うデザインなので、表や側面から見ると「白のS9なんてあったっけ?」というような一体感があるのが気に入っています。


半透明などではないしっかり色の付いた成型色なのですが、薄さ故か、背面を見るとロゴなどがやや透けています。ただ、本体色がそのまま透けてしまうということはなく(写真の端末はライラックパープル)、周囲の光にもよりますが肉眼ではそこそこ白く見えます。





ボタンや端子回りの切り抜きは最小限のサイズで、綺麗に仕上がっています。ワンポイントで本体色が見える具合になり、なかなか見た目も悪くないのではないでしょうか。


フレームと背面ガラス、背面ガラスとカメラユニットなど、わずかな段差までしっかりとトレースした形状になっていて、手に取るとほとんど素の状態と変わらないサイズ感。昨今のハイエンドモデルとしては扱いやすいサイズに収められている、S9の操作性の良さを邪魔しません。

また、画面端からスワイプした時や本体下部に小指をかけた時、指紋認証をする時などのケースの縁に触れる場面で気が付いたのが、どこも角が立っておらず心地良い手触りです。シンプルながら隅々まで気を配った、非常に丁寧な作りのケースです。


単に薄さや軽さというところに留まらず、細部までぴったりと本体に沿う形状、縁や開口部の適切な処理など、あらゆる面で存在を意識せず使える裸運用派にもおすすめのケースです。

この手の方向性のケースは大好きなのですが、デザインや機能上の強い個性があるわけではないので、なかなか見た目だけではノーブランドの安物ケースとの違いが伝わりにくいかもしれません。しかし、手に取ればその違いを実感できる良質なケースだと思います。