富士フイルムの「X-T3」を購入!新センサーやカラークロームエフェクトに注目の最新機種

2018.09.20 カメラ ライター:__agar

3月に登場した富士フイルムのフラッグシップモデル「X-H1」を発売日から半年ほど使ってきたのですが、第4世代の独自センサー「X-Trans CMOS 4」を搭載する機種の第1弾となる「X-T3」が9月20日に発売。

独自センサーとフィルムシミュレーションが作り出す“フジの色”に惚れてXシリーズを選んだ者としては早く使ってみたい気持ちが抑えられず、またしても発売日に新しいカメラをお迎えしてしまいました。

「X-T3」とは?


「X-T3」は、富士フイルムのAPS-Cミラーレス一眼。第4世代のXシリーズとして、約2610万画素の裏面照射型CMOSセンサー「X-Trans CMOS 4」と高速化した画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載する最初の機種です。

前モデルとなるX-T2からの主な変更点としては、先述の新センサーとプロセッサーの搭載のほか、EVFを上位機種と同等の約369万ドットに変更、位相差AFの動作範囲を拡大、4K60p動画の撮影をサポートといった変更が加えられています。

その他にも、各種ダイヤルなどの操作系の細かな改良が行われているほか、防塵防滴や液晶画面の3方向チルトに引き続き対応。また、従来は中判ミラーレス「GFX 50S」のみに搭載されていた、彩度の高い被写体に対しても深みのある階調表現を可能とする「カラークロームエフェクト」という機能にもAPS-CのXシリーズとしては初めて対応しました。


(参考:X-H1)

Xシリーズのミラーレス機のラインナップとしては現在、動画機としての利用やプロユースも想定した「Hシリーズ」をフラッグシップとして、次点にレンジファインダースタイルの「Proシリーズ」と一眼レフ風のスタイルを持つ「Tシリーズ」が続きます。

TシリーズとしてはX-T1(2014年発売/X-Trans CMOS II)、X-T2(2016年発売/X-Trans CMOS III)に続く3代目の機種で、スタイルやサイズ感はX-T2を踏襲しつつ、性能や操作性の面で堅実なアップデートを施した機種と言えるでしょう。


ちなみに、これまでのX-T1やX-T2では通常色はブラックのみ、限定モデルとして特別な塗装を施した“Graphite Silver Edition”が追加されました。一方、X-T3は最初からブラックとシルバーの2色を用意しています。グラファイトシルバーほど凝った塗装ではなく、X100シリーズなどの他機種に通常色として用意されているシルバーに近いものですが、クラシックでなかなかおしゃれな外観。デザイン重視で選ぶなら魅力的なカラーではないでしょうか。

開封・付属品など


今回は、標準ズームレンズ「XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS」とセットになったレンズキットを購入。X-H1からの買い替えなのでレンズはある程度揃っているのですが、18-55mmはキットレンズにしては妙に評判が良く、一度使ってみたかったのです。


色は「シルバーがおしゃれ」と言いつつブラックを選択。頼れる道具としてのカメラはやっぱり黒と、ついどこかで思ってしまうのです(X-T3のシルバー、とても良い色だと思いますよ!)。


ストラップ、バッテリー、バッテリーチャージャーなどが付属します。


付属のストラップ。ロゴは印刷ではなく型押しされていて、目立たず落ち着いた雰囲気。素材の割にはかなり薄いストラップなので、レンズやボディにくるくる巻いて持ち運ぶには使いやすいです。

X-H1同様、ストラップを結ぶための三角環はあらかじめボディに取り付けてあります(以前の機種は自分で取り付けるようになっていました)。

外観


デザインはX-T2とさほど変わらず、型番を隠してしまえばよほどの通以外は見分けが付かないはず。細かい部分で言えば、上部に並ぶ2段式ダイヤルの下段の幅が以前より広くなっており、操作性が改善されています。


グリップはT2までと同様に小さめ、ただ形状は改良されていて若干変わっています。H1のようなしっかりと握り込めるグリップと比べると頼りない印象も受けますが、クラシカルな雰囲気を残したデザインとの兼ね合いを考えるとやはりこのくらい、ということなのでしょう。

重量級のレンズを使いたい場合は、グリップの前面を覆うように増してくれるハンドグリップ「MHG-XT3」か、同様の構造になっているバッテリーグリップ「VG-XT3」を装着すると良さそうです。


液晶画面は3方向にチルトでき、タッチ操作にも対応します。最近のXシリーズの一部機種では「タッチパネル+フォーカスレバー」による操作でボタン数が大幅に減っている機種もありますが、そこはTシリーズなので従来通りの操作体系を維持していて一安心。X-H1同様、タッチパネルは無効にすることもできます。


EVF内の0.5インチ有機ELは、約369万ドットと従来よりも高精細に。発売前、東京・丸の内の「FUJIFILM Imaging Plaza」にX-T3を見に行った際に伺った話ですが、GFX 50S/X-H1/X-T3の3機種のEVFは、内部の有機ELパネルそのものは共通で、接眼レンズなどの光学系は各機種専用の設計とのことです。となると、ファインダー倍率の異なるGFXはともかく、H1とT3のEVFも厳密にはまったく同じ構成ではないということかと思いますが、H1から買い替えてみてもT3のEVFは変わらず見やすいと感じました。


本体上部にはダイヤル類がぎっしりと並び、昔ながらの“軍艦部”という呼び方を使いたくなる雰囲気。X-T2では右端ぎりぎりの位置に露出補正ダイヤルがあったのですが、T3では少し内側に移動していて、収納時や携帯時にダイヤルがズレにくいよう配慮されています。こういった細かな部分までユーザーのフィードバックを拾って次に繋げてくるあたりは、さすがフジ。これと似た改良点で、EVFの横にある視度調整ダイヤルにもロック機構が付きました。


Xシリーズは底面がすっきりと綺麗に作られている機種が多いですね。三脚穴は光軸上に配置(EVFも)、バッテリーは従来通りの「NP-W126S」です。


USB端子は従来のmicro USBから、USB Type-Cに変更されています。最近のスマートフォンをお使いなら、充電周りは少し扱いやすくなるでしょう。

カメラ趣味的にはあまり大きなトピックではないと思うのですが、これに関連してモバイル系のデジタルガジェット好きとしては衝撃的だったことが1つありました。脱線しますが少しだけ書かせてください。


なんと、Ankerのモバイルバッテリーが“富士フイルム推奨”のアクセサリーとしてニュースリリースにまで登場しているのです。

かつては「Amazonで売れまくっている新興メーカー」ぐらいのイメージだったところが、やがて家電量販店の店頭に並ぶようになり、携帯キャリア(au)の純正アクセサリーになり、ついにはほぼ関係のなかった領域でもこのような形で認められるようになるとは……!その成長ぶりに、X-T3のニュースリリース内にAnkerの文字を見つけた時は思わず声を上げてしまいました。

ちなみに、X-T3用のモバイルバッテリーとして富士フイルムが推奨しているのは、「Anker PowerCore+ 26800 PD」と「Anker PowerCore Speed 20000 PD」の2種類。

どちらも20,000mAh超えの大容量バッテリーなので毎日持ち歩くにはちょっと大きめですが、「今日はがっつり写真を撮るぞ!」という時には頼りになりそうです。スマートフォンなら何度もフル充電できる容量なので、災害対策として常備しておいても良いかもしれませんね。

作例

まだ使い始めたばかりなので後日改めて作例をお見せしたいと思いますが、取り急ぎ、新センサー「X-Trans CMOS 4」の写りを見てもらおうということで少しだけ。いずれも、レンズはXF 18-55mm F2.8-4 R LM OISを使用しました。

DSCF0038

DSCF0042

DSCF0065

発売日の東京はあいにくの雨模様。解像感はやはり期待に違わないものだと思いますが、色の出方は見慣れたX-Trans CMOS IIIの画と少し違うかも?

DSCF0362

DSCF0282

DSCF0017
(フィルムシミュレーション「ACROS」で撮影)

DSCF0009
(フィルムシミュレーション「ACROS」+グレインエフェクトで撮影)

X-H1でも気に入って使っていた、白黒フィルムシミュレーション「ACROS」。

モノクロのフィルムシミュレーションそのものは、10年以上前にこの仕組みが導入された頃からあったそうですが、ACROSの名を冠した真打ちが登場したのは2016年発売の「X-Pro2」から。それだけのこだわりと、伝統あるフィルムへの敬意を払って作られたことを感じさせるエピソードです。

DSCF0147
(ACROS/冷黒調)

DSCF0138
(ACROS/冷黒調)

DSCF0160
(ACROS/温黒調)

DSCF0349
(ACROS/温黒調)

世代の進んだX-T3では新たに、純黒調だけでなく冷黒調、温黒調を表現できる設定が増えました。もはや、フィルムではなく印画紙や現像液をシミュレーションする域に入っているような……表現の幅が広がりそうな機能です。

DSCF0083

X-H1で初搭載されたムービー向けのフィルムシミュレーション「ETERNA」。X-T3にも入っており、もちろん静止画の撮影でも使えます。

DSCF0256
(カラークロームエフェクトOFF)

DSCF0258
(カラークロームエフェクトON)

そして、こちらはシリーズを飛び越えてGFXから移植された「カラークロームエフェクト」。簡単に言えば、鮮やかな赤い花などの色飽和しやすい被写体でも、深みのある階調表現ができるようにする機能です。元々彩度が高めのVelviaを使ってカラークロームエフェクトのON/OFFを見比べてみると、カラークロームエフェクト使用時は単調にならず、立体感のある描写ができることは実感できます。

DSCF0291

DSCF0333

ちょうど発売時期が開花時期と重なっている彼岸花の撮影や、これからの紅葉シーズンにも活用しそうな機能。ここぞという場面で使えば印象的な写真が撮れるのではないでしょうか。

DSCF0031
(ISO1600)

DSCF0030
(ISO3200)

DSCF0025
(ISO6400)

DSCF0022
(ISO12800)

海外フォーラムを中心に「X-Trans CMOS 4は高感度耐性が弱くなった?」というような噂が出回っているので、ISO1600~12800で撮り比べてみました。前世代のX-Trans CMOS IIIとの比較で言えば、ISO6400から上では確かに前世代のセンサーの方がノイズが少ないかな?と感じましたが、ISO1600、3200程度まではさほどの差はない印象。どこまで使うかは人それぞれですが、個人的には実用範囲では特にネガティブな評価をするほどのものではないかなと思います。裏面照射型になったことで期待されていた部分はあれど、画素数も増えていますし妥当なところではないでしょうか。

(9/21 ACROS 冷黒調/温黒調の作例を追加)
(9/23 カラークロームエフェクトの作例を追加)

まとめ


2大メーカー、ニコンとキヤノンがフルサイズミラーレスをいよいよ投入するというビッグニュースに世間が湧く中での登場となった「X-T3」。フルサイズミラーレスフィーバーの今だからこそ、明確な意図を持ってAPS-Cセンサーを採用し、一貫性のあるシステムを作り上げてきたXシリーズの真価が試される時なのかもしれません。

私も一応はEマウントのフルサイズミラーレスを経てXマウントに行き着いたクチですが、X-T3は、レンズを含めてミラーレスらしいサイズ感を見失っていないシステムで、期待以上の結果が得られる良いカメラだと思います。X-T2からの変更点としては、一見そう大きく変わったようには見えない外見とは裏腹に細かな改良点も多く、実際に手に取って操作してみるとより使いやすくなったなと実感できます。

従来機種、特にX-T1/T2ユーザーがうっかり触ると欲しくなってしまいそうなので注意。買う覚悟の出来ている方は、まずはぜひお近くのお店で触ってみてください。