【ベストバイガジェット2018】第一印象とは裏腹に満足度の高かった「Galaxy S9」

2018.12.25 モバイル ライター:__agar

こちらは「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018」25日目の記事です。最終日は、主催者のあがー(@__agar)がお送りします。

【募集終了】みんなで書こう!「今年のベストバイガジェット」Advent Calendar 2018

改めて簡単に企画の説明をしておきますと、12/1〜12/25の25日間、色々なブロガーさんに1人1つずつ、今年一番の「買って良かった」と思うガジェットを選んで紹介していただいています。他の参加者のみなさんの記事は以下からご覧いただけます。

今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018

今年のベストバイガジェットは……「Galaxy S9」

【ベストバイガジェット2015】MacBook Pro Retina 13インチモデル

【ベストバイガジェット2016】未来感あふれるモバイルPC「YOGA BOOK」レビュー

【ベストバイガジェット2017】SONY「LF-S50G」―Googleアシスタント搭載スマートスピーカーの最適解

この企画も気付けば今年で4回目。一応スマートフォンの話を中心にしているはずのブログなのに(最近はそうでもない気がしますが……)、不思議とスマートフォンをベストバイガジェットに選んだことはありませんでした。毎年さまざまな機種を買っているのは確かなのですが、それ故に比較対象が多く長所も短所もはっきり見えてしまう分、なかなか「これがベスト」とは言い切れないということかも。


しかし、2018年に買ったガジェットの中で満足度の高かった物、買って良かったと思える物となると、やはり「Galaxy S9」かなという結論に。

S9が海外で発表された2018年2月末、私は1つ前の「Galaxy S8」をメインのスマートフォンとして使っていました。S8ユーザーから見たS9の第一印象は「大して変わらない」、そう、その時点ではベストバイどころか「今年は買わなくていいか」ぐらいに思っていた機種でした。やはり、代々受け継がれてきた物理ホームボタンを捨てて18.5:9の「Infinity Display」を得る大きな変化を遂げたS8と比べると、パッとしないマイナーチェンジのように映ったのです。


そう言いつつも国内最速に近い3月半ばには海外版の「SM-G960F」を入手していたので、いくら期待していなかったと言い張ってもイマイチ説得力に欠けるところですが、「S8から買い替える価値があるのか」という点は実際に手にするまで疑問に思っていました。

しかし使ってみると、一見変わらないように見えて確実に完成度が上がっていることが感じられました。微妙に使いづらかった指紋センサーは正常な位置に移り、顔認証+虹彩認証のインテリジェントスキャンで指紋以外の生体認証も使いやすくなり、貧弱だったスピーカーも驚くほどまともになり……S8を知らなければ「こういうもの」として受け入れているだろうなとも思いますが、単純なスペックアップだけでなく細かな改良が積み上げられています。


すっかり気に入ってしまい、途中で国内版の「SC-02K」に買い替えてはいるものの、2018年はほぼずっとS9をメインのスマートフォンとして使ってきました。頼りない電池持ちやいつまで経っても日本版では無効にさせてくれない左側面の邪魔なキーなど不満がまったくないというわけではないのですが、昨今のスマートフォンでは失われがちな大きすぎない絶妙なサイズ感をはじめとして、意外と代わりがありそうでない機種ですね。最近の他のハイエンドスマホのような派手なギミックや個性があるわけではないものの、バランスの取れた良機種だと思います。

S8からの買い替えですっかり見慣れた……いや見飽きた機種でありながら、まだ「S10が出るまではとりあえず使うか」と考えているところ。気になった機種をシーズンごとに1台は買ってみる(=常に新しい機種と比べてしまう利用環境にある)筆者にとって長く納得して使える機種というのはそう多くありませんが、久しぶりにしっくり来る機種に出会いました。

「Galaxy S9(SM-G960F)」ファーストインプレッション+S8・A8とのサイズ比較

「Galaxy S9(SM-G960F)」レビュー。海外版S9を1ヶ月使って感じた長所と短所

ぶっちゃけどっちが良い?Exynos版とSnapdragon版の「Galaxy S9」を両方買ってみた感想

番外編:2018年に買った物

スマホ、カメラ、PCなど……2018年に買ったガジェットを振り返る

昨年はベストバイに選んだ物以外で買った物もこの場で紹介していたのですが、長くなりそうなので今年は別記事にまとめておきました。


この中で、迷った結果ベストバイに選ばなかった第2位を挙げるとすれば、3月に購入した富士フイルムのミラーレス一眼「X-H1」。操作性やホールド感、画質など様々な面で好みなカメラでした。勢いで後発の別機種に買い替えたことをちょっと後悔……。


あと、そもそも「今年買ったガジェット」ではないので対象外としましたが、昨年末に購入したワイヤレスイヤホン「WI-1000X」もお気に入りです。音質、使い勝手、ノイズキャンセリング性能のどれを取っても満足。ただ、手持ちの機器がほとんどType-C充電になってしまったので、WI-1000Xは昔ながらのmicro USBなのがやや不満に。それ以外の不満はほぼ無く、マイナーチェンジで構わないのでそろそろ新型の登場に期待したいところです(同時期に発売されたWH-1000XM2はもうモデルチェンジしたのに……!)。

来年も色々面白いデジタルガジェットを買っていこうと思います!