Quick Charge 3.0対応の5ポート充電器「AUKEY PA-T15」レビュー

2019.03.17 モバイル ライター:__agar

自宅でのスマートフォンやカメラの充電はポート数の多いUSB充電器1台にまとめるようにしていて、3年半近くCHOETECHの6ポートUSB充電器を使っていました(廃盤のようで商品ページはもう見当たらず……)。そろそろ買い替えかなあ……と思っていたところ、ちょうどいいタイミングでAUKEYの「PA-T15」が安くなっていたので購入しました。



PA-T15は5ポートのUSB充電器。通常価格は3,299円ですが、3月の半ばにクーポンが出ていて安く購入できた時期があり、2000円少々で済みました。


コンセントから電源を取るためのケーブルは付属していますが、各種機器を充電するためのケーブルは別途用意する必要があります。


5つのUSBポートが並んでいて、1つだけ色の違うポートはQualcommの急速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応しています。市場全体の流れとしてはUSB PDが覇権を握りつつある……というより、QC 3.0はUSB Type-Cの仕様から逸脱した“厄介者”とされつつありますが、対応するスマートフォンは多いのでそれなりに使い所はありそうです。


充電器本体のサイズはこんな感じ。スマートフォンよりもフットプリントは小さいほどで、場所を選ばず設置できます。角ばった形状なので置く向きを問わず安定するのも良いですね。

6ポート充電器から5ポート充電器への買い替えなので見ようによってはマイナスですが、実際、使わないポートがたくさん余っているとどんどんホコリが溜まっていくので「大は小を兼ねる」的な考え方をしないほうが実使用においては楽なのもまた事実。悪くない買い物でした。