「HUAWEI MediaPad M5 Lite」8インチモデルと10.1インチモデルの違い

ファーウェイ・ジャパンは、Androidタブレット「HUAWEI Media Pad M5 lite」の8インチモデルを5月17日に発売した。Amazon.co.jpでの販売価格は、Wi-Fiモデルが2万4710円(税込、以下同)、LTEモデルが2万9030円。

「HUAWEI Media Pad M5 lite」の8インチモデルは、2018年に発売された同製品の新モデル。前モデルと比較してチップセットが「Kirin 710」に変更され、メインカメラの画素数が800万画素から1300万画素に向上している。

ディスプレイは約8インチ。1920×1200ピクセル(WUXGA)のIPS液晶を搭載し、バッテリー容量は約5100mAh。子ども向けにウェブサイトやアプリへのアクセス制限などを行えるキッズモードが用意されている。

ここでは、「HUAWEI MediaPad M5 Lite」の10.1インチモデル(2018年11月30日発売)と新たに発売された8インチモデルとの仕様の違いをまとめる。

外観や特徴

8インチモデル
10.1インチモデル

チップセットは8インチモデルは「Kirin 710」を、10.1インチモデルは「Kirin 659」を採用している。10.1インチモデルではスタイラスペン「M-Pen lite」に対応している。

8インチモデルはスピーカーを2つ(ステレオ)、10.1インチモデルはスピーカーを4つ搭載している。8インチモデルはバッテリー容量が5100mAhで、10.1インチモデルは7500mAh。

外部端子は、10.1インチモデルではType-Cを採用し、8インチモデルではmicroUSBを採用している。

生体認証は、10.1インチモデルでは指紋認証を採用し、8インチモデルでは顔認証を採用している。

主な仕様

製品名HUAWEI MediaPad M5 lite(8インチモデル)HUAWEI MediaPad M5 lite(10.1インチモデル)
発売日2019年5月17日2018年11月30日
サイズ(縦)約204.2×122.2×8.2mm約243.4×162.2×7.7mm
重さ約310g約480g
ディスプレイ約8インチ、1920×1200ピクセル(WUXGA)、IPS約10.1インチ、1920×1200ピクセル(WUXGA)、IPS
OSAndroid 9.0、EMUI 9.0Android 8.0、EMUI 8.0
CPUKirin 710(2.2GHz×4+1.7GHz×4、オクタコア)Kirin 659(2.36GHz×4+1.7GHz×4、オクタコア)
RAM3GB3GB/4GB
ストレージ32GB32GB/64GB
メモリーカード最大512GB(microSDXC)最大256GB(microSDXC)
バッテリー容量約5100mAh約7500mAh
ボディカラースペースグレー
無線LAN(Wi-Fi)IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
Bluetooth4.2
SIMカードサイズnanoSIM(4FF)
LTEモデルの対応バンドBand 1/3/5/7/8/18/19/20/26(FDD-LTE)、Band 40/41(TD-LTE)
Band 1/2/5/6/8/19(W-CDMA)、850/900/1800/1900MHz(GSM)
外部接続端子microUSBUSB Type-C
メインカメラ約1300万画素(AF)約800万画素(AF)
インカメラ約800万画素
イヤホンジャックあり(3.5mm)
生体認証顔認証指紋認証
センサー加速度加速度/照度/電子コンパス/ホール/距離
位置測位センサーGPS/A-GPS(LTEモデルのみ)/Glonass/BeiDou

外部リンク
HUAWEI MediaPad M5 lite(8インチモデル) 製品情報
HUAWEI MediaPad M5 lite(10.1インチモデル) 製品情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です