「Galaxy S10 SC-03L」レビュー

NTTドコモから夏モデルとして発売された「Galaxy S10 SC-03L」を購入しました。

「Galaxy S10」は、画面内指紋認証や3つのレンズを搭載したメインカメラが特徴の端末です。ここでは、外観のようすなどを簡単にご紹介します。

「Galaxy S10」のグローバル版は2019年2月に発売され、au版は5月23日に発売されていますので、本記事では詳細な説明は省かせていただきます。

外箱は、S10の文字を大きくアピールしたデザインになっています。

今回はPrism Whiteを購入しました。

付属品

本体以外の付属品は外付けテレビアンテナケーブル、AKGチューニングマイク付きイヤホン、イヤーピース、OTG対応USB変換アダプタ、microUSBケーブル、クリアケース、SIM取り出しピン、クイックスタートガイドです。

付属するUSBケーブルが「Galaxy S9」シリーズの国内向けモデルと同様、Type-CケーブルではなくmicroUSBケーブルな点は注意が必要です。古い端末からデータの移行に使用することを想定しているためと思われます。

OTG対応USB変換アダプタ
microUSBケーブル
AKGチューニングマイク付きイヤホン

外観

ディスプレイ側はインカメラ部分がくり抜かれたパンチホールディスプレイが特徴的です。

裏面は見る角度によって色合いが変わります。

上部
下部

上部にはSIMトレイ、下部にはUSBコネクタとイヤホンジャックを搭載しています。

右側面
左側面

右側面には電源ボタン、左側面には音量キーとBixbyキーがあります。

インカメラは1000万画素、画角80度、F1.9のレンズを搭載し、オートフォーカスに対応しています。

メインカメラには3つのレンズが搭載され、超広角レンズ(1600万画素、画角123度、F2.2)、広角レンズ(1200万画素、画角77度、F1.5/F2.4)、望遠レンズ(1200万画素、画角45度、F2.4)という構成です。カメラ部分は少しだけ本体から飛び出ています。

画面内指紋認証は超音波式の指紋センサーを搭載しており、従来の光学式のものと比べて指紋の3次元形状による認証が可能となり、安全性が向上しています。
画面内指紋認証を試した様子をYouTubeに公開しました。

無線LANについては、グローバル版モデルではIEEE802.11ax(Wi-Fi 6)規格に対応していますが、国内モデルは発売時点では802.11axには非対応となっており、アップデートにより対応予定となっています。

国内版Galaxy S10/S10+のWi-Fi 6は発売時には非対応、アプデにより対応予定

2019-05-13

Galaxy HarajukuでGalaxy S10用のケースを無料で作ってきた

2019-06-07

外部リンク
Galaxy S10 | S10+(Galaxy Mobile Japan 公式サイト)
Galaxy S10 SC-03L 製品情報(NTTドコモ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です