Galaxyの「Game Launcher」によると、Twitterはゲームではないという

Galaxyシリーズのスマートフォンでは、ゲーム用のランチャーアプリ「Game Launcher」が利用できます。

Game Launcherには、Galaxy限定の大変珍しい機能として、Discordとの連携が用意されています。Discordアカウントと連携すると、Galaxyスマートフォンでプレイ中のゲームをDiscordに共有・表示できます。

これはPC版のDiscordとXboxでしか利用できなかった機能でした。ちなみに対応機種はAndroid 9/Galaxy S8以降のGalaxyスマートフォンです。

これを見た筆者は、Game Launcher内でTwitterアプリをゲームとして追加すれば「Twitter」をゲームとして表示できないだろうかと考えました。フレンドに対して、Twitterを常に起動していることを自慢したすぎます。

ゲームアプリの一覧画面である「ライブラリー」に表示するアプリは手動で選択できるため、さっそくアプリ一覧からTwitterを選択し、ゲームアプリとして追加します。

ライブラリーにTwitterアプリを登録したところ、「Twitter Betaはゲームではありません。一部のサービスが利用できない場合があります。」とトースト通知が表示されてしまいました。

Game Launcher様に「Twitterはゲームではありません」と言われてしまったため、Discordを見てみても「Twitterをプレイ中」とは表示されませんでした。本当に悲しいです。

あまりにも悲しかった筆者は結局この「Galaxy S20」を売却。その後、代替案として、PC版のDiscordアプリで「Google Chrome」をゲームアプリに指定。一生Google Chromeをプレイすることにしました。

(ご登録はご自由にどうぞ)

ちなみにPC版ではアプリの表示名を自由に変えられるため、「インターネットをプレイ中」など、好きなようにプレイ中の表示を変更できます。

Galaxy S20を売却後は、手元にまともに使えるGalaxy端末がなくなってしまい大変困っているため、キャリアーのみな様は次のモデルを早急に発売していただきたいと思います。

(以下おまけ)Game Launcherの機能など

最近はどのメーカーでもゲーム支援機能を提供するようになっているため、この機能自体はそこまで珍しいものではありません。ただ以前からGalaxyのGame Launcherは少し機能が多いかな? という印象はありました。

サムスン電子とDiscordは2019年9月に連携を発表し、Galaxyスマートフォンがゲーム用スマートフォンとして大きく差別化を図られるようになりました。当時はGalaxy Note10の時代です。

Game Launcherの新機能としてDiscordにプレイ中のアプリを表示できるようになったほか、通話中に「モバイル音声オーバーレイ」が利用でき、マイクなどの設定を簡単に行えるようになりました。

(画像:Discordのサポートページより)

近年はスマホ向けゲームとGalaxyがコラボすることもまれにある印象。個人的にはスマホであまりゲームをしませんが、GalaxyのGame Launcherはほかのスマホでも使いたいな~~と思うことがあり、便利な機能の一つであると感じています。

外部リンク:Samsung Integration FAQ – Discord